2005年12月17日

シーズン最終戦

※多忙中につき更新がままなりません。

明日は今シーズンの最終戦となります。
府県リーグ決勝大会(3日目)は消化試合という形ではあるけれども、1年の締めくくりと来期への足がかりとなるよう、選手の意気込みは強く消化試合ということは考えていません。
お時間のあるかたはぜひホーム、ビッグレイクにお越しください。

明日は今年一番の寒気が襲うようで試合中の気温が氷点下ということも予想されます。
できるだけ暖かい格好でお越しください。
posted by Many at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

第二の関門

滋賀県社会人リーグ4強リーグ(プレーオフ)まであとわずか。
最近忙しくて練習も見に行けてないので様子が掴めないが、選手も気合が入ってるはず。

滋賀FCの今期の目標はあくまで「関西リーグ昇格」。
4級リーグでつまづいていては話にならないので、全勝で決勝大会に進みたい。
4強リーグ首位突破なら決勝大会の組み合わせも有利になる。
ぜひとも頑張ってほしい。

4強リーグは日曜日(11/13)にスタートする。
所詮は初めてのナイトゲームでの公式戦。
この時期、あの野洲川の冷たい風をうけながら試合するのはやるほうはもちろん、見てるほうも辛いものがいある。
それに夜間なので鳴り物応援もできないし。(その辺は当初から想定済みだったが)
ただ、ビッグレイクは滋賀FCの本拠地。毎週同じ時間帯に練習を行ってるので、ピッチの状態など勝手は分かってるので不安はないかもしれない。
応援する側からしても「ホーム」という雰囲気づくりに一役買えれば幸いだ。
ぜひ、たくさんの人に応援にきてもらいたいし、みんなでいっしょに勝利をつかもう!

県リーグ最終節でもお客さんがちらほら見えた。 対戦相手の応援にやってきた人かもしれないが、雨の中10人ほどの人が集まったのはうれしいことだ。
運営サイドも観客へスタメン表を配るなどの配慮がなされた。
少しでも試合を分かりやすく、そして楽しめるようにいろいろ考えられているのだろう、前向きな活動姿勢に頭が下がります。
4強リーグは2試合がナイトゲームではあるけれども、ビッグレイク・希望が丘と観戦しやすい会場で行われるので、お客さんは少なくない…と信じたい。



◆余談
 最終節 NSK石部vsセゾンFC、
なんと石部が5-0で勝利していた。いままで1勝も出来なかったチームが最終節で奇跡の勝利を成し遂げた。
滋賀FCとの試合も0-13の大敗を喫したチームでなすすべなかったあの石部が…
同じリーグを戦ったものとして、石部には賞賛の拍手を送りたい。
そして、代わりにセゾンが最下位に落ちてしまった。
リーグ戦をしてる以上順位付けしなきゃならないのは当然だが、セゾンも石部も、滋賀県のチームという事で来期以降も頑張って欲しい。
(…ってまるで、滋賀FCがすでに県リーグを卒業したかのような書き方ではあるが・・・ そうなりたいもんだ)
posted by Many at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

第12節(第1日目)終了時暫定順位

12節(1日目) 終了時
クラブ 勝点 昇降
1 栗東FC 11 8 2 1 26 33 13 +20 4強進出
2 マッチーズ 10 8 0 2 24 30 10 +20
3 滋賀FC 10 7 1 2 22 50 12 +38
4 ROSAGE 11 7 1 3 22 51 19 +32
5 FC甲賀 11 6 1 4 19 22 19 +3
6 東レ滋賀 10 6 0 4 18 39 10 +29
7 S.F.C 10 5 3 2 18 28 12 +16
8 甲賀シニア 11 6 0 5 18 27 31 -4
9 FCギャザー 12 5 0 7 15 21 32 -11
10 甲賀クラブ 11 2 1 8 7 15 23 -8
11 日野クラブ 11 2 1 8 7 7 63 -56
12 セゾンF.C. 10 1 1 8 4 9 46 -37
13 NSK石部 10 0 1 9 1 7 49 -42
posted by Many at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

道は険しく

しばらく更新を怠っておりました。

11節に行けなかったばかりでなく、えらく体調をくずし最悪な一週間をすごしてしまったがため、練習見学さえできずに時がすぎていった。
応援できなかった11節、東京方面へ行く用事があり、新幹線の中で逐次連絡を受けたけど、失点したとおもいきや、どんどん差が開いていく。
何が起こってるのかさっぱり分からん状態で東京着いた頃には敗戦の知らせが。
新幹線がこんなにも乗り心地の悪い乗り物だったかと思うほどに落ち込んだね。

ほんと何が起こったんだろう?

11節を終了して、順位は3位。4強リーグ進出はそれまで「余裕」と思っていたが、少し気を引き締めないと足元すくわれそうな状況になった。
12節は、滋賀FCはビッグレイクでの試合、日程の都合で11/6にスケジュールが伸びてしまった。他の会場での試合は予定通り10/23に行なわれた。
上位の動きとしては、栗東FCが甲賀クラブに3-2で勝利し、勝点を26に伸ばした。
このことにより、マッチーズは2試合を残して勝点「24」、栗東FCが残り1試合で「26」、そして滋賀FCが「22」(残り2試合)で続く。
最終節がマッチーズvs栗東FCであることから、滋賀FCが首位で終える可能性は限りなく低くなった。(12節でマッチが東レに引き分け以下となり、マッチvs栗東が引き分けとなった場合のみ、滋賀FCが全勝すれば首位となれる)

4強リーグへは得失点差から考えて、あと1勝すればほぼ進出可能であるが、こんなギリギリの状態で進出するとは思っていなかったこと。
この先、強豪を相手に戦わなければ行けないことを考えると、言い方は悪いが、こんなところで手こずっていては話にならない。
部活のような言い方だが、“気合”を入れ直して戦っていこう!

夢は自分の手でつかみ獲ろう!
posted by Many at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

『ビッグ・レイク』野洲川歴史公園サッカー場 愛称決定

野洲川歴史公園サッカー場の愛称が決まった。

 ビッグ・レイク

なんとも形容しがたいネーミングであることは否めない。 どこがどうビッグなのかと…(苦笑)
ただまぁ、ダサいとかいう印象はないし、言いやすいといえば言いやすい。
こういうものは時間がたてばなんの違和感もなく定着することでしょう。
(例を出せば「味スタ」ってのもはじめはものすごく変な感じがしたけど、今じゃ何にも思わないし。 ジェフの新スタ「フクアリ」ってのは響きからして、どうかと思うが。)

 自分自身、ビッグレイクは6月にちらっと見たのを最後に、以来行っていないのでほぼ完成しているというのが信じられないのだが、基礎工事期間からして突貫だったので、完成までの早さも納得できる。
新聞や県協会のホームページで写真画像をみたが、キレイなのはもちろん、こじんまりしていていい感じだ。
コート3面というとかなりな規模を想像してしまうが、無駄がないし、滋賀県の“身の丈に合った”サッカー場だといえる。

 今週末(11日)には滋賀FCの初練習も行われるので、ぜひ見に行きたい。
滋賀FCの見学になるのか、サッカー場の見学になってしまうのか…たぶん後者の方に重きを置かれるんだろうが。(^^;
 10月の共用開始以孫は市民も使用できるので、ビッグレイクでサッカーができることを楽しみにしている。


追伸、ただの噂かもしれないが、ビッグレイクは滋賀FCの活動拠点となるとなるのだが、練習などで使用する際の使用料が一般と同じと聞いた。
 なんとかその辺の優遇もしていただけないものかと、切に願う。

posted by Many at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

不安材料膨大

テストゲーム(7/23開催)

 滋賀FC 0-3 ルネス学園甲賀

テストゲームは40分×2のゲーム形式で行われた。
主力メンバーでは、杉浦・福山・根岸・斉藤が不参加。各ポジションの核がいない状況での試合になったが、そのことを考慮しても余りあるほどにルネスとのレベルの差は大きかった。
ルネスは堅守即効型で、要所要所のプレスがとてもきつく、すぐにボールを奪われる。小川のドリブルもなかなか通用せず、細かいパスもつなげないために多きなフィードで対処するしかなかった。
それでもルネスの寄せが早く、そして効果的なのでパスコースがとれない。 選手の焦りも大きく、視野が狭くなってしまう。サイドチェンジなどまったくできなかった。(そこまで見えていない)
攻撃面では川越のポストに北川がうまくあわせられない、シュートがものすごく少なかった。
DFは間所を中心に右サイドに新しく入った桜井と、猪飼・服部がつとめる。桜井はボールに触ってから次の動作に移るまでの時間が長く、チャンスをつぶされる。
間所は安定しているが、猪飼・服部は守備に追われ攻撃参加できない。最終ラインから左サイドの駆け上がりという攻撃パターンはまったくなかった。
 後半、間所を下げ、猪飼がセンターに。ライン統制はできていなかった。
守備から攻撃まで、南がいい動きを見せたが(動きすぎ?)、一人で背負って自滅する場面も多かった。
各選手が自分のポジションから柔軟に動き回ることができず、決められた場所に終始張り付いているようだった。逆にいうと、飛び出したときにカバーに入る選手がいないという連携面の問題ともとれる。

 総じてまったくいい場面を作れずに80分が終わったという印象。
確かにルネスの動きは速く的確で相手に余裕を与えない戦い方をしたが、それ以上にFCの選手の気持ちの中に「格上との戦い」ということで萎縮した部分が多々あったんではないだろうか。
 主力がいないとはいえ、もう少し自身をもって戦ってほしかった。

7月は、清水サテライト・東レ・ルネスと勝ち星のない試合ばかり。(佐川京都戦はスコア不明)
このテストゲームは結果より中身を重視してのものだとは思うが、ルネス戦を見る限り中身もいいとはいえなかった。
格上格上と書いたが、来年度関西リーグ昇格を目標にやっているのだから、つまりは1年後の対戦相手だ。 怖がることはない。自身を持って戦ってほしい。



7月テストゲーム

 滋賀FC 0-5 清水エスパルスユース(J1サテライト)
 滋賀FC 3-3 東レ滋賀(県1部)
 滋賀FC 0-3 ルネス学園甲賀(関西2部)
 滋賀FC ?-? 佐川急便京都(関西2部)

posted by Many at 10:08| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

琵琶湖を大切に。自然を大切に。

久方ぶりです。

水曜日、大津市内は驚くほどの大雨でした。
当日、大阪まで出ることがあり、せっかくなので長居スタジアムへ行って帰ってきたわけですが。(C大阪vs新潟は・・・あまりな内容でした。)
大津に帰ってきたら傘も役に立たないほどの大雨で雷もひどく、駅から400mの駐車場にたどり着くのに30分を要してしまった。当然スーツも何も全部濡れてしまったけどね。
30年近く大津に住んでるけどはじめてマンホールから水が噴出す光景を目の当たりにした。
相当な雨量だったと思われます。

 帰宅してみると落雷で停電しており、そのおかげでADSLのモデムがやられてしまったようです。
パソコン本体が無事だったことだけでもヨシとしますか。

 というわけでなんとか復旧し、3日ぶりのネット接続です。
もう少し早く書きたかったんですが、明日、7/16 午前9:50より『井原正巳講演会』が開催されます。
場所は栗東駅前の「さきら」(栗東芸術文化会館=平和堂の裏)です。

 この講演会は、現在建設が予定されている福祉施設「みみの里」の資金づくりを目的としたものです。
 公演内容は、(ここ注目!)
  ・『滋賀県にJリーグチームを
  ・『ワールドカップの魅力と選手しか知らない話』
  ・『サッカーを通して子供たちへメッセージ』
  ・『プロスポーツ選手と福祉活動』

となっています。

かなり魅力的ではないでしょうか!?
滋賀県出身の“アジアの壁”井原正巳氏の話が聞け、それも滋賀にJリーグチームをというありがたい題材を話していただけ、
なおかつ、福祉施設建設への手助けもできるのですから。

当日入場も可能だと思われます。
お時間のある方はぜひ「栗東さきら」へ



補足=
 「井原正巳講演会」
 7月16日(土) 9:50開演 (9:20開場)
 チケット(当日料金)
  ・大人\1,700 ・中高生\1,000 ・小学生\700
 主催:みみの里づくりをすすめる会 TEL077-561-6111
 協力:滋賀FC・滋賀県サッカー協会

なお、小学生のチケットは完売している可能性もあります。ご注意ください。

posted by Many at 22:26| Comment(1) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

近況

しばらく更新など一切の活動を怠っています。

個人的なことですが、6月いっぱい+7月上旬頃まで仕事などで忙しく、滋賀FCに時間が割けなくなっています。
今週末の甲賀クラブ戦もいけません。 今期は全試合観戦を目指してただけに残念でなりません。
甲賀戦の試合詳細は現地組の報告を受け次第、UPする予定です。(伝え聞いたことを文字にするのは難しいですが)
3週間分たまったうっぷんは、7/3の天王山、ROSAGE戦にぶつけてやります。




先週末は、石川県まで旅行に行ってきました。(忙しいといいながら遊びでした。m(__)m)
石川県といえば、天皇杯代表としてよく出場していた「テイヘンズFC」というクラブを思いだします。
文字通り、石川県のサッカーレベルが全国の底辺に位置するのでテイヘンズと名づけられた、謙虚なネーミングのチームですが、石川県にはまだプロを目指すようなサッカークラブはないようです。
地元の新聞(北国新聞)に「県サッカー協会 素谷新会長が来社」という記事が載ってたくらいです。
石川県の協会も昨年末に社団法人化をしたそうで、滋賀県とよくにた状態にあるといえるでしょう。
滋賀は、社団法人化と同時に、野洲川サッカー場の整備によるレベル向上や、「Jへ!」といった目標を掲げたのに対し、
石川は組織拡大に際し、「キッズからシニアまでファミリー体制のメンバーシップ構想実現を目指し市町村と協力していく」というコメントを出していた。(北国新聞より)
 滋賀が高い目標を掲げそこに向かってつき進むトップダウン方式で 石川は地元密着で足元を固めるボトムアップ方式といったところだろうか。

Jリーグが推し進めてきたサッカーの理想は地域密着とプロ経営の両立。
さて、滋賀と石川、どちらが成功を収めるか。 長い目で見ていきたいところです。
滋賀県サッカー協会にも、滋賀FCを成功させるための重要な要素として、地域密着も考慮した組織運営をしていってほしい。
posted by Many at 21:35| Comment(1) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

ゴミお持ち帰り

滋賀FCのサイトに掲載されていた、

 「ごみゼロ大作戦

への参加よびかけ。
時間が試合と完全にかぶってしまうので、自分も参加はできませんが、こういう呼びかけはすばらしいと思う。
個人的にエコロジストなので余計そう思うのかもしれないけど、
Jリーグなどメジャーなサッカーだと試合後の想像を絶するゴミの量に気が萎えることがある。
それも無造作に座席や通路に捨てられてる。

 現在、私は多くのJクラブのサポーターたちと交流を持たせてもらってます。(その編の素性もまた今度紹介します)
実際目で見ると、クラブによって試合後のゴミの状況に特徴があります。
見るも無惨にゴミがスタンド内に散乱しているところ、個人がしっかりゴミの管理をしているところ、特定の人(ボランティアではない)が隅から隅までゴミを集めているところ。
それは決して「お客さんが多いから散乱ゴミが多い」ということではなく、少ないところでもゴミが多かったり、超満員のスタジアムでも試合後はきれいだったり。
 いくらすばらしい応援を見せてくれても、試合後のスタンドがゴミだらけでは一気に彼らの魅力が失せていく。
ホームだろうが、アウェイだろうが、立つ鳥後を濁さずという気持ちで応援してほしいものだ。

ここでひとつ、アルビレックス新潟のゴミに対する取り組みを紹介したい。
 『ゴミお持ち帰り
「ゴミはゴミ箱へ」という呼びかけはJの様々なクラブで行なわれていますが、新潟はさらに一歩すすんで、ゴミ箱じゃなく、各自、家にもって帰って処分しようというものです。
2年ほど前から運動を続けておられます。
 ゴミを減らすという観点からみれば絶対的なゴミの削減にはつながってませんが、個人の環境美化への意識向上にはとてもすばらしい運動だと思います。
結果的にクラブの経費削減にもなりますからね。

 ちなみに、私は現在、関東の某Jクラブのサポーターの比較的中心的な存在で応援をしている人間です。
滋賀FCとJ1は次元が違うので、“二股をかけてる”という意識はありませんし、その編の解釈もまた日を改めて書くとして・・・(これはかなり誤解をされやすいので慎重に書きますね)
そのクラブではサポーターの一部がスタンドのゴミを集めています。 この活動で、ゴール裏のゴミはほぼ集める事ができますが、サポーター全員にそういった意識を植え付けるレベルにまでは達していません。
 自分たちだけでゴミ集めをするだけではなく、そういった意識を広めていくのもサポーターの務めだと思っているのですが、なかなか難しいですね。

 話をもどして・・・滋賀FCは、まだまだゴミ問題など関係ないレベルです。
見学者・応援者が20名程度ですから。 現在は飲料水のゴミくらいしか出ませんが、きちんと持ち帰って分別廃棄しています。
これから滋賀FCを取り巻く人は増えて行くものと信じていますので、そうなったときに試合会場の環境をいかにキレイに保てるか。
芽生えたばかりの今から徹底して呼びかけていきたいですね。

そういった細かい心がけが気持ちいい応援の第一歩にもなると思います。
posted by Many at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

いよいよ開幕

県リーグ開幕前日、準備に追われています。

明日は「Jへの就航」としてたかだか数名のサポーターで野洲川グランドを青く染め上げてみせましょう。
…というほど大掛かりなことはできませんが、大事な初戦、絶対に勝ちにいきます。

現地でお会いした方は宜しくお願いします。
posted by Many at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。