2010年07月03日

vsディアブロッサ高田 ビッグレイクを青く染めよう

■2010関西リーグ(D2)後期日程第2節
 『TOJITSU滋賀FC vs ディアブロッサ高田FC』
  2010.7.4(Sat) 14:00キックオフ ビッグレイク(野洲川歴史公園サッカー場)Cコート







いよいよ明日7月4日、
今シーズン最初(で最後)のTOJITSU滋賀FCホームゲーム ビッグレイク決戦が開催されます。

滋賀県内でのゲームは比良の琵琶湖成蹊大学でのゲームも含め、関西リーグではこの試合が最後となります。
あいにくの雨予報と観戦コンディションもよくなさそうですが、ぜひともビッグレイクに足を運んでいただきTOJITSU滋賀FCに熱い声援を送ってくださるようお願いします。

TJ滋賀FCサポーターブログで告知のとおり、
「ビッグレイクをみんなで青く染めよう!プロジェクト」を行っております。
横断幕の設置・撤去のお手伝い、また試合中は私たちサポーターと一緒に声援をおくってくださる方を募っております。




せっかくのホームゲーム!みんなで楽しくTOJITSU滋賀FCを応援しましょう。
当日は、クラブ史上初の「公式マッチデープログラム」の配布、そしてサポーターからも「応援ソング歌詞カード」をお配りします。
(どちらも先着100部となっておりますのでご了承ください)
その他、応援アイテムの貸出も行いますので、お気軽にサポーターにお声かけください。



アメニモマケズ、TOJISTU滋賀FCの白熱したゲームで盛り上がりましょう!
posted by Many at 19:03| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

TJ滋賀FC 大一番

更新が滞っております。

頻繁にアクセスしていただいている方もいらっしゃるようですが、本当にすいません。
TOJITSU滋賀FCの情報は、サポートブログ(「ここ」や「ここ」など)あるいは、ボランティアスタッフさんのブログや、絶賛更新中のプレーヤーブログなどでご確認いただければ幸いです。

とくに、前節終了後からTOJITSU滋賀FCの選手がそれぞれ思い思いにメッセージをUPしてくれている「Players Blog」は、普段なかなかコミュニケーションをとれない選手たちと触れ合う最高の場となっていますので、ぜひともアクセス&コメントをお願いします。


さて、しばらく更新をしておりませんでしたが、いよいよ明日6月5日、前期日程の最終戦を迎えることとなります。
TJ滋賀は現在2位。 そして対戦相手のアミティエ京都は首位。
さらに3位のディアブロッサ高田、4位の関学クラブとも勝ち点が逼迫しているのでどのチームにもチャンスがあります。
TJ滋賀の目指すのはもちろんトップで折り返すことですが、現実的な目標として前期2位以内に入り全国社会人サッカー選手権近畿予選の出場権を得ることにあります。
2位以内という余裕のあるものではなく、やはり勝って首位に立たなければ安心できない状態ですので、明日の試合は選手もサポーターも全力で向かわなければなりません。

アクセスは悪い、びわこ成蹊大での試合ですが、間違いなくTOJITSU滋賀FCのホームです!
明日は一人でも多くの声援で選手を後押ししたいと考えておりますので、ご関心のある方は気軽に成蹊大にお集まりください。
みんなでチームを後押ししましょう。
よろしくお願いします。


■関西リーグ(D2)第7節
 『TOJITSU滋賀FC vs アミティエ京都』
  2010.6.5(Sat) 11:45K.O. 琵琶湖成蹊大学フィールド





posted by Many at 22:45| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

『TOJITSU滋賀FC』誕生

ご挨拶が遅れましたことを心よりお詫び申し上げます。

はや公式発表から2週間が経過しようとしていますが、関西サッカーリーグの「滋賀FC」は、滋賀県リーグの名門クラブ「TOJITSU SHIGA」と運営を一元化させ、2010シーズンより『TOJITSU滋賀FC』として再出発することとなりました。


ここに至るまでの経緯としては、他のブログでも書かれておりますとおりです。
より詳細についてはTOJITSU、滋賀FCの格クラブ間の考えるところにあり、私自身、これまで旧滋賀FC側のみから聞いた情報ですべてを推し量っていましたので、なかなかこのブログに書く決意に至らなかったというのもひとつの理由であります。(いいわけかもしれませんが)
本日、旧TOJITSUサイドのクラブ関係者からもお話を伺え、これまで聞いてきた話と対比してブレのない方向性を確信しましたので、今さらではありますが私からの雑感を述べさせていただきたいと思います。


ここ数年、とくに昨シーズンは自分たちの思うような結果がのこせなかった滋賀FCとTOJITSU滋賀。
昨シーズンの実績から今シーズンへの修正点が明確に見出せていましたが、それを実現化させるのが難しかった両クラブにあってお互いが欲するものがそれぞれ相手にあったということで、今回の合併によって満足できうる“ひとつのクラブチーム”になれたということだと思います。
 ひとつになるためには、滋賀FCはクラブチーム、TOJITSUは企業チームということで根本的な部分の大きな違いをどうするのかということもサポーターとしてはとても不安な部分ではありましたが、TOJITSUの責任者様、事務局サイドがクラブチームとしての滋賀FCの理念にご理解いただけたことに、何よりも感謝の気持ちを伝えたいと思います。

今回の合併劇で、どちらが吸収したといったような不毛な言い争いはしたくありませんし、少なくとも私が両サイドの関係者から伺った話ではそれぞれがサッカーを愛し、サッカークラブを持続発展可能な形で残した結果が“TOJITSU滋賀FC”であるということがしっかり伝わりました。

もし私が、滋賀FCのサポーターを始めた頃の考え方でいれば、やはり企業の名前を冠するクラブの応援など難しいと考えたでしょう。
しかし、この5年間滋賀FCに身近で接したことで、サッカークラブとはやはり第一に選手があってこそ成り立つもので、選手がサッカーに打ち込めるための環境づくりができなければ、地域やサポーターといった市民クラブで語るべき部分にすら踏み入ることが出来ないのだと実感しました。

このシーズンオフ、滋賀FCの選手達はこのままサッカーが続けられるのか、滋賀FCがより自分を向上させるためのチームとしてふさわしいのかをずっと不安視しながら練習を続けていました。
TOJITSUの選手たちも2010シーズン開幕を安心して迎えられるのかという不安を抱いていたようです。
そういった真剣にサッカーにとりくむ選手が安心してプレーできる環境になるのならTOJITSU滋賀FCの発足は大歓迎です。

サポーターとしては「湖国からJへ!」の夢を胸に燃やして活動してきましたので、それがまったくの無駄になったのであれば、すべてを諦めて身を引くという覚悟でいましたし、実際のところ私自身そういった気持ちを少なからず持っていました。
 TOJITSUのスタッフの方と話をし、企業チームという器ではあるけれどもより市民クラブに近い運営を目指し、そしてチーム自体もまずはJFL、そしてその上を目指すという、滋賀FCファン(TOJITSUファン)がまだまだクラブに夢を託せる余地があると確信しました。




新体制発表から2週間。
新生TOJITSU滋賀FCは、関西リーグ開幕までの残り少ない時間でチームとしての形をしっかりと作り上げられるよう、必死になっています。
 サポーターも仲間同士でしっかり話し合って、これからもブレることない姿勢で応援を続け、そして更にTOJITSU滋賀FCが多くの方に愛されるような対外的活動をしていこうと気持ちをひとつにしました。

まだTOJITSU滋賀FCを肌で感じていらっしゃらない方(がほとんどだと思います)には、えもいわれぬ違和感や、多少なりとも不信感などをお持ちの方がいると思います。
滋賀のサッカーファンや、全国の地域リーグファン、すべてのサッカーを愛する方に理解してもらえるクラブになるようお手伝いすることが我々TOJITSU滋賀FCサポーターの使命だと思いますので、クラブ同様、精一杯頑張っていきます。
今シーズンからも、ぜひともTOJITSU滋賀FCにご注目ください。
よろしくお願いします。



今シーズンは地元滋賀でのゲームが極端に少なくなってしまいましたが、地元滋賀、そして近隣地域での試合の際はぜひとも新しく、そして強く魅力的になったTOJITSU滋賀FCのゲームを観戦してください。
サポーターもみなさんと試合会場でお会いできることを楽しみにしています。
 
posted by Many at 22:44| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

滋賀レイクスターズに学ぼう

滋賀FCの降格劇から早くもひと月が経ちました。

いつもでも落胆はしていられませんし、先のKSLカップでは興奮する試合を見せてくれましたのでこれからの滋賀FCの飛躍に期待したいところです。
チームも「地域交流リーグ」なる新構想のもと、北信越のサウルコス福井、東海の名古屋クラブ(残念ながら名古屋も県リーグ降格が決まってしまいましたが)、同じく東海リーグの伊勢ペルソナとの地域の垣根を越えた交流試合をこなして切磋琢磨していくようです。
いろいろな試みをしていく滋賀FCにおおいに期待します。


さて、今年の滋賀FCは早々にシーズンオフに突入してしまい、サポーターとしても手持無沙汰な感が否めない今日この頃です。
そこで、常々サポーター間で話題に上っているbjリーグ「滋賀レイクスターズ」の観戦(応援)に行こうということになりました。
サッカーとはジャンルが違いますが滋賀県初のプロスポーツクラブで県民の期待を背負って奮闘中のレイクス。
bj参戦2シーズン目の今年は現在2位(Westernカンファレンス)と絶好のポジションにつけています。
もうすっかり滋賀の顔になりましたね。



レイクスには滋賀FCの選手(元選手)やクラブスタッフが運営のお手伝いをすることもあり、身近な存在に感じていますし、自分自身昨シーズン(今年3月)に」東京アパッチとの試合を観戦し強豪東京に1勝1敗と白熱した試合を披露してくれました。
自分としてはそれまでは「地域密着スポーツはサッカーで!」という偏った考えしかもっていませんでしたが、はるばる東京まで応援に来ていた多くのブースターを見て、SAGAWAやMIO、そして滋賀FCではなし得なかったクラブと地域住民との深いコミュニケーションをレイクスターズがすんなりと実現させたなぁと、うらやましく思ったほどです。
滋賀FCクラブ関係者がレイクスとの接点を持っているのも、そういった点で習得するものがあるからかもしれません。





ならば、滋賀FCサポーターもレイクスブースターに習おう・・・というと大げさですが、スポーツで盛り上がるのが大好きな我々ですので、一緒に楽しませてもらおうと思っています。

11/15の試合に行こうと前々から予定はしていたものの、なかなかメンバーの都合が合わず、5人ほどの少数ではありますが会場のムードをレイクブルーに染める意気込みはしっかりもってお邪魔します。
自分にとっては、レイクスのホームゲームは初体験なのでとても楽しみにしています。
レイクスブースターの皆様、よろしくお願いします。






余談ですが、東京アパッチとの試合で、今話題のあの方を発見しました。

なんでもアパッチの社長に就任されてるとか。
個人的に子供の頃から西武ライオンズファンだったので感激しました。握手してもらったのは今となっては恥ずかしい東京での思い出。。。
posted by Many at 00:42| 滋賀 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

本日、関西リーグ第13節

本日、7月12日 14:00からビッグレイクにて関西リーグ第13節、
 『滋賀FC vs 阪南大クラブ』が開催されます。

滋賀FCにとって、今季二度目のホームゲーム(ビッグレイク開催)となり地元で熱戦を繰り広げます。

数少ないビッグレイクでのゲームをぜひ皆さんの声援で盛り上げてください。

来場いただいた方には、
 「滋賀FCハーフシーズンプログラム(第2号)」を先着60部
 「阪南大クラブ戦 マッチデープログラム」を先着100部
   差し上げます。
ビッグレイクCコート観客ゾーン入口に専用のプログラムホルダーを設置しておりますので、ご自由にお取りください。(無料です)
(できるだけ多くの方にお読みいただきたいのでおひとり様またはお一組様1部でお願いします)

sfc090712-02.jpg



また、滋賀FCサポートブログ各所でお願いしております、
 「横断幕設置作業のお願い」についてもご協力くださいますようお願いします。

滋賀FC、滋賀FCサポーターはより多くの方と一緒に勝利をつかみ取りたいと考えております。
応援のお手伝い、あるいは一緒に声を出して応援してくださる方など、
お気持ちのある方はお気軽にサポーターにお声をおかけください。

本日も暑くなりますが、ご声援よろしくお願いいたします。



sfc090712-00.jpg







 
posted by Many at 07:19| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

5月2日はビッグレイクへ!

090501-mizuumibiraki.jpg

滋賀FCの関西リーグ1部昇格後、初のビッグレイク開催のホームゲームがいよいよこのゴールデンウィークに行われます。
天気予報も晴れ(降水確率0%)、最高のお出かけ日和ですので、ぜひともご家族お友達お誘いの上、ビッグレイクで滋賀FCを応援してください。


当日は、サポーター作成の「滋賀FCハーフシーズンマガジン」(マッチデープログラム)を配布しますので、そちらもお読みください。

sfc2090501.jpg




関西リーグ(1部)第4節
 『滋賀FC - 京都BAMB1993』
  5.2 14:00キックオフ 守山市:ビッグレイクCコート


 入場、観戦、駐車場、ハーフシーズンプログラム:ぜんぶ無料!
posted by Many at 05:45| 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

2009年シーズン 始動に際し

お久しぶりです。

もう「滋賀FCサポーター」と自称することすら恥ずかしいほどに活動の動きが止まってしまってる私ですが、一応生きております。

まもなく2009年シーズンが開幕します。
今期の滋賀FCは1部リーグ参入の記念すべきシーズンとなりますが、チームを取り巻く環境は厳しさを増しているようです。
主力選手の引退・移籍・退団と大きく減ったメンバーに、監督の退任と不安要素は多くありましたが、新シーズンに向けて少しずつですが戦えるチームに変貌しつつあるようです。
 いまさらですが、3年間滋賀FCを鍛え上げてくださった衛藤前監督に最大級の感謝の気持ちを送ります。本当にありがとうございました。
 また、退団選手の中でも最もサポーターとの接点をもっていただいた上田晋也前キャプテンにも感謝の気持ちを送ります。
晋也さん…、もしこのブログをお読みになりましたらメッセージをください。 機会があればサポーター主催の「引退試合(という名の草サッカー)」をさせたいただきますので!


今シーズンは4年ぶりに松下哲弘氏が監督に再就任。
滋賀FCのすべてを知る男がどんな指揮をとるのか、注目です。
新加入選手も数は少ないながら、Jリーグ(J2)経験選手の加入など期待できる逸材もおり、チームバランスがよくなると信じて疑いません。

サポーターに話を移しても、やはり昨今の世界的不況の影響もありいろいろと忙しくフルメンバーで応援できることも少なくなりそうですが精いっぱい頑張りますので、みなさんよろしくお願いします。
新しく応援をしてくださる“ソルジャー”も心よりお待ちしています。 ぜひ試合会場へ!!!




さて、私ごとを含めたサポーターの近況について書かせていただきます。
現在、2009年4月4日ですが、実は私、この4月より関西に戻ってきました。
当初2年の予定だった東京勤務も、やはり世界的不況の影響などで状況が変わり、前倒しで(本来の勤務地である)関西に戻されることになりました。
現在、大阪に勤務しております。
…ただし、まことに言いにくいことですが、現住所は「滋賀県」ではなく「大阪府」になってしまいました。
「滋賀県に骨をうずめ、滋賀FCにすべてを賭ける」というモットーが崩れてしまいましたが、しかし前向きに考えましょう。
大阪なら滋賀なんか屁でもない距離ですから練習見学も含めて滋賀FCにぴっちり密着することができます。
滋賀県民ではなくなりましたが、でもしかし!、 ふるさと納税で守山市に市民税を納めますので“自称滋賀県民”と胸を張って言ってまいります。

仕事を含め引っ越しなどとても忙しい日々を過ごしていますので報告が遅れたことをお詫び申し上げます。
まだまだバタバタしそうです。
ちなみに、現在インターネット環境にないので、わざわざ携帯電話とパソコンをつなげてこの記事を投稿しています。(今現在、パケット通信料が10,000円を超えています(涙))


そしてもうひとつ、滋賀FC(というか、滋賀FCサポーター)に注目していただいている方ならあるジンクスをご存知かと思います。
それは・・・

   「滋賀FCサポーターは必ず誰かが(仕事の都合で)遠隔地に飛ばされる」

というものです。
07年に「Rise」さんが奈良へ異動。
08年春に滋賀に復帰したら、私が東京へ。
さらに08年夏にはもう一人が愛知へ異動。
極めつけは08年秋に「bixy」さんが中華人民共和国に異動になるという大騒動が起きましたが、これは不況が功を奏し(?)立ち消えになっていました。

09年春、私の関西復帰で滋賀FCサポーターも安心して応援できる環境になるかな?と思いきや、やはりあのジンクスは残っていました。
大津市在住のサポ、Nさんが4月後半から東京勤務になるそうです。
ちょうど、私が関西異動の内示をもらったその日に、彼の会社でも東京移動の内示をうけたそうで、この上ない“入れ違い”になってしましました。

やはり強力なジンクスが滋賀FCサポーターには執り憑いているようです。
これから滋賀FCを応援しようと思ってくださってる方は、自身の勤務地に十分ご注意ください(^^;




なにはともあれ・・・

 楽しみなシーズンが始まります。

まずは純粋にサッカーを楽しみましょう!!!
みなさん、よろしくお願いします。
posted by Many at 00:31| 滋賀 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

滋賀FC 読売新聞にて…

滋賀FCサポーター仲間“T2”さんのブログ「My Heart, My Soul, SHIGA FC」ですでに紹介されていますが、
本日8月26日付 読売新聞朝刊(スポーツ面)にて「滋賀FC」のクラブ紹介記事が掲載されています。

地域版ではなく全国版での紹介ということでこれまでにないメディア露出効果を期待したいところ。
これまで京都新聞や中日新聞をはじめ、毎日新聞(滋賀版)・読売新聞(滋賀版)では度々紹介記事が掲載されていましたが全国版は初めてです。
(新聞でいえば、懐かしい“みんなの滋賀新聞”でもよく取り上げていただきました。 惜しまれつつ休刊してしまいましたが・・・(’・ω・`))

ご存じのとおり、私は現在関東住まいですのでまさか東京で滋賀FCという活字を目にすることができるとは夢のようです。
早速、読売新聞(東京第14版)を購入したところ…


(クリックすると“とてつもなく大きい画像”にリンクします)

関西版とは少しレイアウトが違うながらもちゃんと紹介されています。
それも、よく読んでみると、掲載されている画像は関西版よりも大きく、前川・西崎・あと2名(西地?、武藤?梅辻??)の写真に変更されてます。
さらに、記事も、関西版よりボリュームが多い。
関西版にはなかった前川のコメントも載っています。

地元滋賀よりも内容の濃い記事構成・・・読売新聞さんも粋な計らいをしてくれます。


「全国社会人サッカー選手権」の出場を前に、一足早く全国デビュー(?)した滋賀FC。
勢いに乗ってほしいところ!
次の公式戦まで1カ月以上のブランクがありますが、大いに期待しています。






その「全国社会人サッカー選手権大会」(10月17日開幕、ホスト=新潟県)ですが、すべての出場クラブが決定しました。

【北海道】
  ・トヨタ自動車北海道(北海道)
  ・サンクFCくりやま(道北)
  ・ノルブリッツ北海道(北海道)

【東北】
  ・NEC/TOKIN(東北1部)
  ・FC秋田カンビアーレ(東北1部)  

【関東】
  ・FC町田ゼルビア(関東1部)
  ・日立栃木UVA(関東1部)
  ・クラブ・ドラゴンズ(関東1部)
  ・YSCC(関東1部)
  ・東邦チタニウム(関東1部)
  ・tonan前橋(群馬1部)

【北信越】
  ・長野パルセイロ(北信越1部)
  ・松本山雅FC(北信越1部)
  ・サウルコス福井(北信越1部)
  ・JSC(北信越1部)===新潟:開催地枠

【東海】
  ・静岡FC(東海1部)
  ・矢崎バレンテ(東海1部)
  ・浜松大FC(東海2部)
  ・伊勢ペルソナ(三重県1部)

【関西】
  ・バンディオンセ加古川(関西1部)
  ・京都BAMB(関西1部)
  ・ラランジャ京都(関西1部)
  ・滋賀FC(関西2部)
  ・奈良クラブ(奈良1部)

【中国】
  ・NTN岡山(中国)
  ・佐川急便中国(中国)

【四国】
  ・三洋電機徳島(四国)
  ・高商クラブ(香川1部)

【九州】
  ・ホンダロック(九州)
  ・V・ファーレン長崎(九州)
  ・沖縄かりゆしFC(九州)
  ・ヴォルカ鹿児島(九州)


なかなかのつわもの揃いです。
滋賀FCサポーターとしては滋賀FCが全国レベル(地域リーグトップクラス)にどこまで食い込めるかという試金石の大会と位置付けています。
現在のレベルでは優勝などという言葉は軽々しく口にできないことは十分承知していますが、でもあっさり敗退するようなチームでもないと思っています。
なので3回戦(準々決勝)あたりまでは勝ち進んでほしいなというのが、心の内です。
なので準決勝(21日火曜日)まで滋賀FCを追いかけられるよう、有給申請済みです!!・・・さすがに水曜まで有給申請したら上司に喝入れられましたのでw

あと、個人的な希望としては2回戦あるいは3回戦でゼルビア町田と戦いたいなと。
ゼルビアはクラブもチームもサポーターも素晴らしいので、ぜひとも対戦してみたい。
(実力差は言うまでもないので勝敗結果についての展望は控えますが(^^; )


天皇杯予選敗退に打ちひしがれている皆さん、頭をあげて前を向いて次の戦いに思いを巡らせましょう!
滋賀FCはどこまでも突き進んでいきます!
posted by Many at 21:55| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

滋賀蹴球夏宴 開宴

2008-FACUP2.gif
posted by Many at 20:24| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

エンブレム発表

関西リーグ第11節

『滋賀FC 3-1 エルマーノ大阪』
なんと言っていいか、
ひどい試合でした。
審判・マッチコミッサリーは何を考えてサッカー仕切ってるのか?
非常に腹立たしい一戦でした。



それはさておき、
まもなく 17時から滋賀FCオフィシャルサイトで滋賀FCエンブレムの発表があります。

滋賀FCオフィシャルサイトに注目してください!
posted by Many at 16:48| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

帰還


sfc080626-01.jpg


◆関西リーグ(2部) 第11節
 『滋賀FC - エルマーノ大阪』
  2008.6.29(日) 14:00開始 ビッグレイクCコート



次節、「エルマーノ大阪」戦のテーマは“帰還”!
(命名元「My Heart, My Soul, SHIGA FC」)
滋賀FCがじつに2ヶ月半ぶりにホームグランド、ビッグレイクに帰ってきます。
そして、この試合に勝つと実質的に滋賀FCの関西リーグ1部昇格が確定的になります。
(諸条件の関係で、リーグ優勝決定まで正式な昇格とはいえないようです=My Heart, My Soul, SHIGA FC参照)

そんなことはさておき、とにかく久々のビッグレイクでの試合。
またまた天候が思わしくないようですが、滋賀FCの力強いプレーを焼き付けるチャンスです。
ぜひとも皆さんビッグレイクに足を運んでください。

私事ですが、前回のビッグレイクでのHIRA戦は私の滋賀在住としての最後の試合でした。
あいにくHIRAに黒星を喫し、悔しい思いを最後に滋賀を飛び出た思い出があります。
その思い出を払拭するためにも、帰郷してビッグレイクで応援します。
私にとってもこの試合は“帰還”です。
久々の滋賀でのサポートですので、同窓会の雰囲気でも結構です。
ぜひともビッグレイクへお越しください。
(ちなみに、よほどのことがない限り、エルマーノ戦以降リーグ戦のこり4試合にはすべて帰郷する予定ですので、よろしくお願いします)

posted by Many at 01:19| 滋賀 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

ご報告とお願い

わたくしごとですが、ご報告・連絡事項があります。

仕事の関係で、5月より東京に住まいを移すことになりました。
東京での勤務期間は未定ですが、そう易々と関西に戻って来られる見込みはなさそうです。
自分の将来的な人生設計などもありますので、会社の指示に従いますが…

一番気がかりなのがやはり滋賀FCの存在です。
自分にとって滋賀FCはチーム設立時からしつこいほど付きまとった大事な存在ですが、
今後は今までのような関わり方はできなくなります。
もちろん可能な限り試合にはかけつけますが、全試合、全会場、そして練習見学までできるという環境でなくなるのは明らかです。

(自分ではあまり自覚していませんでしたが)いままで、滋賀FCサポーターの代表というような立場で応援をしてきましたが、これからは前に立ってということはできません。
更新頻度も遅く、情報量も少ないながらも、ホームページそしてこのブログで情報発信をしてきました。
それも今までどおりにはいかなくなります。
ですので、今後はさらに内容が薄く浅くなるのは必至です。

幸い、滋賀FCには手前味噌ながら素晴らしいサポーターが揃っています。
滋賀FCだけに偏らず、佐川SHIGA・MIO草津、野洲高校や成蹊大など、滋賀県のサッカーをまんべんなく愛する人間が集っていますので、彼らにこれからの滋賀FCを引っ張ってもらおうと考えています。
滋賀FCサポートブログなどは、ここよりも正確で情報量も多く、その方たちががんばってくれると思います。
もちろん、このブログをご覧の皆さんによって、滋賀FCサポーターに新たな風を吹き込んでくださることも大歓迎ですし、少しでも選手・クラブ、そして湖国サッカーを盛り上げ後押しするためにできることを少しでもいいので行動してください。
私も遠くの地からですが熱く暖かく、そして厳しく滋賀FCを後押ししつづけます。



滋賀FCの目標は「Jリーグ」ではありません。
「Jリーグ」というのはあくまでも手段なのです。
真の目的は、滋賀FCを通じてサッカーへの感心が向上し、そして地元に対する愛情がさらに増し、相乗効果で文化的に素晴らしい地になることです。
いうなれば、滋賀FCさえも手段のひとつでしかないのです。
心のよりどころとしての滋賀FCがもっともっと発展して、湖国140万人を繋ぐ存在となるよう、クラブは成長を続けます。
みんなでこの芽を育てていきましょう。

おそらく数年後、私も滋賀に帰ってこられそうです。
その時、いまよりも素晴らしい滋賀FCと滋賀FCを取り囲む環境が出来ていることを願うばかりです。




--------------------------------------------------------------

Ps.
 明日のグラスポ戦も、欠席となります。
身内に不幸があり家庭の用事に専念するため、応援に行けなくなりました。
グラスポという最高の相手を前にして応援できないもどかしさをぐっとこらえて勝利の報告が飛び込んでくることを心待ちにしています。

自分が「滋賀県在住滋賀県民」として滋賀FCを応援できるのは、4/26のHIRA戦が最後です。
この試合にはすべてをぶつけて応援しますので、みなさんビッグレイクに足を運んでください。
一緒に最高の空間をつくりましょう!!
 
posted by Many at 00:53| 滋賀 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

更新停滞のお詫び、および雑談

グラスポ戦のレポートも掲載すべきところですが、余裕のない毎日をすごしておりますのでネットでの情報公開ができずにおります。
申し訳ございません。

グラスポ戦でのレポートは他のサポートブログをご覧ください。
関西リーグをよく知るグラスポ相手にある程度の試合内容を展開できたことは評価できます。
しかし、PSM当時のグラスポはまだまだチームとして完成されていなかったので、これで滋賀FCは関西リーグを戦えると勘違いしてはいけません。
そんなに甘いもんじゃないということを肝に命じてほしいものです。
滋賀FC内部のことを言えば、主力選手数名が怪我で出遅れています。
シーズン序盤は耐えることが一番大事になるでしょう。


新加入3選手はそれぞれ期待度の高い選手たちです。
 FW前田憲吾選手は、元Jリーガー前田浩二氏の親戚(?)だとか。
サラブレッドの血筋は伊達じゃなく、長身を生かした強いフィジカルを見せてくれます。
滋賀FC歴代最もパワーのあった川越選手の穴を生めるにはちょうどいい選手ではないでしょうか。
 DF中島毅選手は伏見工業高校を卒業した高卒ルーキー。
高校時代はキャプテンとしてチームを引っ張っていました。
滋賀FCでもすでに存在感あるDFとして即戦力が期待されます。
 DF門岩敬太選手は、琵琶湖成蹊大を卒業したルーキー。
その守備能力はJリーグでもじゅうぶん通用するレベル。
調整の遅れから、開幕スタメンは厳しそうだが、この一年、彼のプレーは安心して見られるものだと思います。
戦列デビューを期待しましょう。


滋賀FCが正式に会社設立しました。
「合同会社 滋賀エフシー」
徳島ヴォルティスの美濃部監督を代表とし、これまで滋賀FCを支えてきた方たちが役員としてご尽力いただいております。
これからは完全に独立した組織として発展・成長していかなければなりません。
その意気込みが公式ホームページのリニューアルデザインから見て取れます。
これから継続して情報発信を続け、そしてまずは地元である守山・野洲地域の理解をえることが必要です。
後ろだてがないということは、苦難ではありますが、しかしある程度の自由度も手に入れたことになりますので、地元民も積極的にサポートしてもらえるようなアプローチをしてもらいたいものです。


新生「滋賀FC」をあらわすもののひとつとして、ユニフォームデザインもリニューアルします。
まだリリースされていないので現物はどんなものか分かりませんが、おそらく07年のJリーグオールスターサッカーで使用された「J-WEST」のデザインを継承したものだと思われます。
レイクブルーを基調に、グレーのスリップラインが入ったユニフォームになるでしょう。
アウェイユニフォームは昨年同様、グレーを基調にしたものになります。
今年も(株)ミズノがユニフォームサプライヤーとなります。
ビッグレイクに映える輝かしいブルーユニフォームはいい色合いになること間違いなし。
オフィシャルグッズとしてユニフォームの販売も行われるようですので、ぜひともご購入ください。
01JOMO.jpg
■2008滋賀FCユニフォーム参考画像(画像は07年JOMOオールスターのものです)
02AWAY.jpg
■アウェイユニフォーム参考画像




関西リーグ開幕まであと10日を切りました。
その前に大注目のトレーニングマッチが開催されます。
 『滋賀FC - サウルコス福井』
  4月6日17:00開始、会場:ビッグレイク

福井県からJリーグを目指すべく県全体が団結してサポートするサウルコス(北信越リーグ)がビッグレイクにやってきます。
滋賀FCサポーターはこのTMを「プレシーズンマッチ」と捉え楽しみにしています。
FC岐阜やMIOなど滋賀を取り囲む地方のサッカーがJリーグを目標に盛り上がる中、サウルコス福井も滋賀FCもその気運をさらに盛り上げられるようがんばってもらいたいので、公式戦さながらの熱気で試合を見つめたいと思います。
皆さんもぜひ、ビッグレイクに足を運んで両チームに声援を送ってください。
posted by Many at 02:46| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

07関西府県リーグ決勝大会 決勝

 滋賀FC 2-0 BSC HIRA
  得点者:岩田・本間
  天気:曇 気温:--℃ 観衆:約200人



3度目の挑戦となる府県リーグ決勝大会。
決勝戦の舞台を踏むのは初めてのことになる。
会場の長居第二競技場には200人を超える多くの観客が来場し、試合をもりあげてくれた。
sfc080114-01.JPG



『滋賀FC vs B.S.C HIRA』
実に今期5度目の対戦、滋賀FC創立時から数えて8度目の対戦となり、お互い手の内を知り尽くしている。
これまで対戦成績は滋賀FCの全勝。 しかし対戦するたびにその成長ぶりがうかがえるほど進化しつづけるチームというのがHIRAのイメージ。
頂点を決める戦いに挑むに当たって相手の意気込みも相当高まっている様子。
sfc080114-02.JPG


sfc080114-03.JPG


キックオフ直前まで雨が降り続いていたことと、立ち枯れて穴だらけになっている芝のため、ピッチコンディションは最悪な状態になっていた。
ビッグレイクの深い芝でも小刻みなパスを多用していた滋賀FCにとってここまで荒れたピッチでプレーするのは少々不利となる。
 立ち上がり、HIRAが積極的にプレスをかけボールを奪いにくる。
少しでも早く自分達のリズムを作りたいHIRAは中盤から激しくプレスをかけ、滋賀FCにボールをもたせない作戦に出た。
ボールを奪ってからはサイドを中心に素早い攻め上がりで滋賀FCゴールを狙う。今までのHIRAと明らかに違う点は攻撃時のチーム内の連携がかなり向上していること。
一人がボールをもって攻めあがると連動して中央も逆サイドも攻めあがる。 “人もボールも動くサッカー”ができるチームに成長していたことが何よりも驚きだった。
これに対して滋賀FCは焦ることなく、まずはボールを取られないようなプレーを心がけ、落ち着いて自分達のペースに持ち込むサッカーをみせる。
両者を比べると、精神的な余裕という面で滋賀FCに分があり、それは徐々に試合の流れへと反映されていく。
ピッチ状態が悪いので、ドリブルと個人技が持ち味の西畑はその力を存分に発揮することは難しい。
代わりに奮起したのは前川西崎の若いダブルボランチ。
フィニッシュまでつなげたいHIRAの攻撃を封じ、低い位置から攻撃の組立をはかり攻撃陣を活かすプレーに繋げる。時には果敢に中央突破を試み攻撃参加する。
前川・西崎のバランスのとれた攻守の配置で滋賀FCは安定性をさらに増す。
試合のリズムはほぼ滋賀FCが手中に収めた。

前半29分、右サイド橋爪の攻め上がりからセンタリングでファーサイドの西畑へ、HIRAの守備のバランスが崩れたところに本間が再びセンタリング、そのボールがポストに跳ね返される。そこにつめていた岩田が泥臭く押し込んで先制点を上げる。
次々と押し上げる滋賀FCらしい攻撃からゴールが生まれた。
これでさらに余裕がでた滋賀FCはリズムを保ったまま“崩されないサッカー”を心がける。
前半終了間際にはHIRAに押し込まれるシーンもあったが、最終ラインの谷口が集中力を発揮しHIRAの攻撃を食い止めた。

sfc080114-04.JPG



後半立ち上がり、相手が不安定であるところをついて左サイドから一気に攻めあがる。
橋爪のセンタリングに合わせたのは本間匠
前半の先制点同様、いいポジションにつける本間がうまく叩き込んで追加点。
これが、滋賀FCクラブ創設からの公式戦通算「300ゴール目」となり、勝利にむけてさらに気運が向上する。
 立ち上がりに失点したことでHIRAは若さゆえの脆さを露呈する。
激しい当たりを繰り替えし、警告を貰うシーンも。
HIRAもカウンターで攻める場面もあったが、GK杉本のファインセーブもあり、HIRAの得点を許さない。
滋賀FCは前川・西崎の攻め上がりから本間・岩田がゴールに切り込む。 岩田の惜しいシュートも数本あったがゴールには至らず。
35分には、HIRAのFWが接触から負傷退場。建て直しにかかるべく選手交代からパワープレーに持ち込むHIRA。
滋賀FCはピッチコンディションから思うようにプレーできなかった西畑に代え、DF真野を投入し守備を強化する。
HIRAは終了間際にはサイドを起点に怒涛の攻めを見せ、滋賀FCもファウルで止めなければならないシーンも。
コーナーキックやFKで貪欲にゴールを奪いに来るHIRAを全員守備で守り抜いて試合終了のホイッスルを聞くことになった。
sfc080114-05.JPG


sfc080112-04.JPG





[DOWNLOAD]をクリックすると大きなサイズで見ることができます。




3年越しの挑戦でやっとつかんだ関西リーグ昇格。
長い道のりでしたが、滋賀FCは自分たちの力とみなさんの声援で勝利を勝ち取りました。
遠く長居競技場まで足を運んで応援してくださったすべての方々にお礼申し上げます。


ステージをひとつあげた滋賀FC。
関西リーグはすぐです。
開幕戦は4月13日(日)、対戦相手は「ルネス学園甲賀」です。
いきなり滋賀県勢同士の対戦となり、2008年を占う一戦ともなります。
会場は不明ですが、おそらく滋賀県内で行われるでしょう。
関西リーグに舞台をうつした滋賀FCを、今まで以上に応援してくださいますようお願い申し上げます。
posted by Many at 23:48| 滋賀 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

天皇杯滋賀県代表決定戦=準決勝 FC Mi-O びわこKustatsu vs 滋賀FC

■天皇杯滋賀県代表決定戦=準決勝
 FC Mi-O びわこ Kusatsu 2-0 滋賀FC
  得点者:--
  天気:晴 気温:--℃ 観衆:600人(推定)



2006年8月27日からちょうど1年、今年もFC Mi-O びわこ Kusatsu(以下、Mi-O)との死闘を繰り広げる。
大型補強に経験値を上げ、チームとしての成熟度を大きく向上させたMi-Oに、滋賀FCがどこまで太刀打ちできるか?
昨年とはまったく違った戦いになることが予想されたこの試合、ビッグレイクは今年も多くの観客で埋め尽くされた。
観客動員数は推定で500〜600名。  選手のモチベーションをあげる雰囲気を作りだしてくださったことを感謝します。

sfc070826-07.JPG

sfc070826-01.JPG


滋賀FCは、守備陣に故障者が相次ぎ、ベストメンバーとはいえなかったものの、選手層の厚さと各ポジションの主要選手がバランスをとったためなんとか滋賀FCらしい試合ができる状態になっていた。
対するMi-Oも今季の新加入選手を故障で欠き、スタメンは昨年のMi-O所属選手が多くなった。
Mi-Oの戦術といえば、スピード。
時間帯による緩急はあるものの、勢いをつけると止められない恐ろしさがある。

しかし今日の試合、序盤から驚くほどゆっくりとした試合運びをするMi-O。
ボールポゼッションは高いながら、攻め上がりが遅く、そして単調なためゴール前まで進めない状態が続く。
滋賀FCは久々に出場する木村がブランクを感じさせない落ち着いたプレーで最終ラインを守り、谷口が相手を厳しくマークしMi-Oのチャンスを徹底的に阻止する。
前半15分までに谷口は5回のファウルをうけるほど。 谷口の粘りから攻撃に転ずるケースもあり、間違いなく前半のキープレーヤーといえる。
また、時たま訪れるMi-Oの決定的チャンスもゴール前での制度がとても悪くボールが枠を捉えない。滋賀FCはこのMi-Oのシュートミスに何度も助けられることになる。
 両チームとも怪我人を多く抱えたなかで、この試合では無理をしたくない一面もあったはずだが、試合は徐々にヒートアップし、お互い激しいぶつかり合いに発展していく。
前半19分、Mi-OのFW幸山選手とのマッチアップで前川が倒され、幸山選手にイエローカード。
27分には川越と相手選手が激しく交錯、両選手が担架で運び出される。
ボールを支配しているもののなかなかゴールを割れないMi-Oは徐々にフラストレーションがたまり、プレーがさらに激しくなる。
38分にDF根岸選手が暴言で警告、41分にはFW富田選手が谷口を倒して警告をうけるなど、激しい試合となった。

sfc070826-04.JPG sfc070826-03.JPG


0-0で後半に入る。
6分にMi-O幸山選手がゴール前に突進し滋賀FC GK杉本と接触、幸山選手は2枚目の警告をうけ退場。
一人少ない相手に滋賀FCは攻撃に転じる。 15分には岩田がGKと一対一になるチャンス、しかしシュートがミートせずゴールならず。
危機感をもったMi-Oは内林広高選手を投入。スピードはMi-OでもNo.1で個人技でも飛びぬけた存在がいよいよピッチに登場。この選手には警戒が必要。
その後も、岩田を中心に幾度かチャンスを作りだす。 前半はあまり目立たなかった西畑も果敢にMi-O陣営に切り込む場面が多くなり試合は一気に一進一退な展開となる。
 しかし後半も激しいプレーは続く。
20分にMi-O MF若林選手が警告、25分にはゴール前に飛び出した川越がMi-Oキーパーに突っ込み警告、2枚目のイエローカードで退場となった。 後半開始早々のMi-Oの幸山選手と同じような展開で警告をうけ退場。
お互いFWを1人失った状態で試合は続く。
28分、Mi-Oに与えたFKは滋賀FCゴールマウス隅に飛ぶ、GK杉本が素早い反応と高いジャンプで阻止し、ピンチを防ぐ。
まさに一進一退の攻防はスコアレスドローで90分を終了。
 因縁の対決は延長戦に突入する。

sfc070826-06.JPG sfc070826-08.JPG

延長戦、ここまで選手を代えなかった滋賀FCがようやく動く。
DF木村に代えて新加入のDF松田が、ボランチ奥田に代えてより攻撃的な梅辻を投入するなど、前のめりな布陣をとる。
延長前半5分、中盤でボールを受けたMi-O内林がそのままかけ上がり、距離のあるところから豪快に振りぬく。
ボールは勢いを増し鋭く滋賀FCゴールに突き刺さる。 杉本も好反応をみせるものの、シュートの勢いはすさまじく、防ぐことができなかった。
内林はその後足をつり交代。 すべてが内林の一人相撲で試合が動いたようだった。
延長前半終了間際にMi-O FW末吉選手が非紳士的行為で一発退場。
試合は依然荒れた状態で延長後半を迎える。

延長後半、DF奥村に代えてFW古川を投入。
攻撃的にシフトした布陣の滋賀FCに、ゴール前での粘りがある古川が加わりゴールの可能性はさらに高まる。
しかし2人少なくなり、1点をリードしているMi-Oには冒険する必要がなく、完全に引いた形で滋賀FCの攻撃を止める。
Mi-Oは延長5分、若林に代えて荒井太輔を投入。
荒井選手はドリブル能力に長けたテクニックの持ち主で、個人的にMi-Oで最も恐ろしい(客観的には非常に魅力的な)中盤の選手。
すべての選手が疲労しているこの時間帯に荒井にボールが回ってしまうと一気にMi-Oペースになるのは目に見えている。
荒井選手に注意しながらも滋賀FCはなおも攻撃的に試合を展開する。
 ゴールを奪えないまま時間が過ぎ、延長後半ロスタイム(ロスタイムは4分)。
滋賀FCコーナーキックのチャンスにGK杉本までが前線に上がり意地のゴールを狙うも、前川のCKは高さのあるMi-Oディフェンスに跳ね返される。
その跳ね返されたボールが荒井に繋がる。 あとは無人のゴールに流し込むだけ。
いたしかたないゴールで滋賀FCは試合を落とした。

 天皇杯滋賀県予選 決勝進出クラブは 「 FC Mi-O びわこ Kusatsu


大敗すら予想された試合で90分をドローに持ち込めた滋賀FCとしては、今日のMi-O相手なら勝機はあったという悔いがのこる。
サポーターとしては、100%ではないものの滋賀FCらしいゲームができたことを誉めるべきか、あと一歩が決められなかったことを責めるべきか、なんともしっくりこない感情である。
ただ、関西2部(3位)のルネス学園に勝利し、関西1部(準優勝)のFC Mi-Oにあと一歩という試合を演じたことは、選手・チームの自信になったことは間違いないだろう。
 2週間後、県リーグ後期日程がはじまる。
滋賀FCの最大の目標、関西リーグ昇格のために、今日の試合の課題と反省点を活かしてほしい。


天皇杯滋賀県予選、決勝は次週9月2日(日) 13:10キックオフ
 『 琵琶湖成蹊スポーツ大学 vs FC Mi-O びわこ Kusatsu
  会場は佐川急便守山競技場(入場無料)

NHKで生中継がありますが、ぜひとも競技場におこしください。
滋賀県の頂点を決める熱戦をスタジアムで感じてください。





※後記※
試合後、Mi-O関係者さん数名と会話させてもらいましたが、『滋賀FCとの試合はなぜか因縁じみたものを感じる』という言葉を頂きました。
滋賀FCからすれば各上のMi-Oさんに、滋賀FCを意識していただけている事をうれしく思いました。
またこれからもライバル関係として対戦できる機会があることを心から望みます。
お互い、意識しすぎるあまり、激しい試合になることは望まないのですが・・・
 (延長後半、Mi-Oキーパーと古川の交錯シーン、あれは間違いなくファウルです。 すいません。。。)
posted by Many at 02:04| 滋賀 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

滋賀FC - FC甲賀

滋賀県社会人リーグ 第5節
滋賀FC - FC甲賀
今日 12:30キックオフ ビッグレイクAコート



※仕事のためいけません。
 試合結果報告が遅れますのでご容赦ください。

天候がおもわしくありませんが、応援宜しくお願いします。
posted by Many at 07:52| 滋賀 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

佐川急便SCに勝利を! JFL佐川-岐阜

※多少不純な理由から導かれる記事ですが、お許しください。


明日、6月16日(土) 大津市皇子山陸上競技場にてJFL前期第16節「佐川急便SC - 岐阜FCが開催される。

JFLの前期日程は残すところ2試合。
現在上位争いをしているのは3クラブ、15節終了時点で
 1位 佐川急便SC(勝点35)
 2位 ロッソ熊本(勝点34)
 3位 FC岐阜(勝点33)
僅差で首位の座を死守しているのは滋賀を本拠地とする佐川急便SC。
前節はYKK APにまさかの黒星を喫し、首位陥落の恐れさえあったが、首位の座を狙っていた2位(14節時点)の岐阜FCがジェフリザーブズに逆転負けし、佐川の首位は守られた。

熱戦が繰り広げられるJFL。
ぜひとも明日は佐川急便の応援に皇子山へかけつけてください。

その理由というのはとても不純ではありますが、佐川急便SCが前期日程を首位で折り返すと滋賀FCに多少のメリットがあるからです。
7月〜9月に行なわれる天皇杯滋賀県代表決定戦(滋賀FAカップ)。
昨年同様、インターハイ代表(草津東)に関西リーグのルネス学園甲賀・FC Mi-Oびわこ、滋賀FCが滋賀代表をかけて戦うのですが、今年はそこに佐川急便SCもノミネートされます。
JFL上位の佐川急便との対戦は、非常に厳しく勝利の可能性が多少低くなります。(多少というよりは“かなり”と言ったほうが正しい)
 しかし佐川急便がJFL前期日程を首位で折り返した場合、佐川急便SCはJFL枠での天皇杯出場となり、滋賀FAカップには参加しません。
つまり滋賀FCが滋賀代表を狙う上で宿敵がひとつ消えることになります。
実際問題、実力差が大きすぎる佐川急便との戦いは避けたいので、ぜひともJFL枠で天皇杯に行っていただきたい。

そんな不条理な理由ではありますが、滋賀FC第一に考えるとここはやはり佐川に頑張ってもらいたい。
 サポートこそできませんが、競技場で佐川贔屓な雰囲気は作りたいと思います。


対する岐阜FC、Jリーグ参入を目指して地域密着で盛り上がっています。
(2年前は滋賀FCの手本になると注目していたのですが、2年でその距離は大きく離れてしまいました)
現在3位とJ2参入も夢ではない位置におり、士気は高まっています。
 先週、岐阜FCを見に岐阜まで行ってきましたが、攻撃の力強さ、FWの層の厚さは佐川以上です。
徳島ヴォルティスから移籍したジョルジーニョのフィジカルの強さはJFLレベルでは防ぎようがないほど。
佐川の守備がどの踏ん張れるかが鍵となるでしょう。
 しかし岐阜の決定的な弱さは後半のスタミナ。 平均年齢が比較的高い事もあり、前半と後半では見違えるほどプレースタイルが変わります。
佐川は前半無理をせず無失点に抑えて、後半一気にたたみ掛ける。そんな展開をすればよいのでは?と考えます。
 幸い、明日は雨も降らず気温も上がる様子。 後半がポイントになるのは間違いないでしょう。


佐川、岐阜、どうちらを贔屓にするかはさて置いても、面白い試合になることは間違いないので、ぜひ皇子山へご来場ください。
(佐川のチームカラーはブルーです。 滋賀FCのTシャツ・ユニフォームを着るのもよいでしょう!?)

sfc070615-01.JPG
■岐阜の注意人物、FWジョルジーニョ
sfc070615-02.JPG
■皇子山にも多くの岐阜サポーターがくることでしょう




 『佐川急便SC vs 岐阜FC』
  2006.6.16 13:00キックオフ
  皇子山陸上競技場


  チケット 大人前売り¥800、当日¥1000  ※当日であっても、全国のファミリーマートのファミポートで「チケットぴあ→サッカー→JFL→佐川急便SC」と選択すれば前売り料金で購入することができます。
   競技場周辺にはファミリーマートがありませんので、事前に購入してください。

  隣の野球グランドを駐車場として開放されますが、台数に限りがあるので公共交通機関をご利用ください。
  京阪石山坂本線「別所駅」下車すぐ。 JR湖西線「西大津駅」下車徒歩10分。





ちなみに滋賀FCですが、明日はびわこ成蹊大学との練習試合です。
※このブログは滋賀FCを熱烈応援するサイトです。お間違いなく(苦笑)
sfc070616-03.JPG

posted by Many at 22:57| 滋賀 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

訂正

以前投稿した新加入選手情報ですが・・・間違いだったかもしれません。
申し訳ありません。
posted by Many at 00:29| 滋賀 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

2007年も宜しくお願いいたします。

今サイトをご覧の皆様、遅ればせながら新年のご挨拶を申し上げます。



 府県リーグ決勝大会(以下、決勝大会)より、記事投稿が滞っておりまして、せっかく訪問してくださった方には大変申し訳ございませんでした。
 先述のとおり、決勝大会においての諸問題に落胆するとともに、意気消沈してしまい、なかなか新規投稿する気がおきませんでした。
 決勝大会グループリーグの都南クラブ戦では、06シーズン一番といっていいほどの素晴らしいサッカーをみせてくれた滋賀FCですが、
理不尽な大会運営の一旦を知ってしまった身には、なんとも虚しい勝利でした。

こんなことを書くと他のサポーターに怒られるかもしれませんが、
今回関西リーグへの昇格が叶わなかったことは、他のどんな理由よりも「滋賀FCが勝てなかったから」ということが重要で、そこのとを棚に上げて騒ぎ立てるつもりは毛頭ありません。
だから2007年を県リーグで戦うことに対しての不満はありません。
他の県リーグ所属クラブなどにしてみれば、また煙たい存在が居座るのか?と思うところもあるかもしれませんが、どうか2007年も宜しくお願いいたします。


さて、決勝大会においての諸問題については、その問題の発生過程、主管組織の対応等について、一切公表されることなく現在まできています。
 問題発生そのものが公表されてないので、言うなれば表向き、何の問題もない大会ということになるのかもしれませんが・・・(皮肉)
今週末の入替戦にて決勝大会は全日程を終了するわけですが、結果がくつがえるというような事はさておき、とにかくその経緯・対応について何のアナウンスもないことへの不満はあります。
 このままうやむやに片付けられてしまうことが一番恐ろしい事です。
近い将来に滋賀FCは関西協会の管轄下でのリーグに参入するものと信じて疑いませんし、もっと言えば全社予選に参加する可能性もあります。
このまま不信感を抱いたままで応援を続けるのは辛いですし、滋賀FCクラブとしてもなにかしらの思いが払拭できずに活動する事になるのではないかと思います。
 ということで、サポーターとしても今回の一件に対する情報公開を求めていきますので、何卒ご理解くだされば幸いです。





年始めの記事がこのような理屈っぽいものになってすいません。

しかし、なによりも嬉しいのは2007年も滋賀FCが滋賀FCとして存在してくれることです。
周囲からは「昇格できなくてもチームがなくなるわけじゃないし」と言われましたが、実際問題、昇格できなかった場合のチーム存続はかなり厳しかったのです。
決勝大会終了後からチーム関係者の尽力により、なんとかチーム存続となりました。
資金面では今までより相当厳しい状況になるようですが・・・

これからもいろんな苦難が立ちはだかると思いますが、苦難を乗り越えさらに強くなる滋賀FCに夢をのせて、2007年 滋賀FCサポーターもがんばります。

posted by Many at 02:27| 滋賀 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

一部記事、非公開処理の解除

  


府県リーグ決勝大会にむけた情報規制のために一部記事を非公開としていましたが、1/19付で全記事を公開扱いに戻しました。
ご不弁をおかけしましたが、今後とも当ブログを宜しくお願いします。



   
posted by Many at 23:59| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

一部記事、非公開処理について

過去のブログ記事の一部(試合リポートなど)を非公開扱いとしています。

今後、府県リーグ決勝大会に向けてはクラブ間での情報戦ともなり、比較的情報量の多い滋賀FCにとってはネット上の情報が対戦相手に有利に作用することも考えられます。

昨年同様、府県リーグ決勝大会終了まで、一部記事を非公開としますので、ご了承ください。
大会終了後に再度公開します。
posted by Many at 00:00| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

阪南大クラブ vs 都南クラブ

関西府県リーグ決勝大会 グループD 第2日目

 『阪南大クラブ 3-0 都南クラブ』
posted by Many at 17:57| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

コメントについて

記事に対する励ましや批判など多くのコメントをいただいております。
ありがとうございます。

申し訳ありませんが、コメントへの返答あるいは回答はグループリーグ終了後まで控えさせていただきます。
何卒ご理解いただきますようお願いします。
posted by Many at 21:36| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

挑戦者

 関西府県リーグ決勝大会 予選グループリーグ
  グループD 第一日目
   『滋賀FC vs 阪南大クラブ』

 2006.12.3(日) 14:00K.O. 奈良県橿原陸上競技場



関西リーグ昇格に向けた最後の大会、関西府県リーグ決勝大会が12月3日に開幕します。
昨年、苦汁をなめたこの大会に、今年も挑戦者として挑む滋賀FC。

選手もサポーターもこれからの戦いの厳しさを知っています。
しかし、恐れてばかりもいられません。
この一年遠回りした苦しみ、そして教訓をバネに一歩成長したチームを信じる事。
そしていつもどおりのゲームが出来るよう声援を送ることがサポーターの使命だと思っています。

選手もサポーターも、いつも以上の気合いで臨みます。
明日、勝利の報告ができるようにがんばりますので、みなさんのご声援も合わせてお願いします。


なお、橿原陸上競技場へおこしになる場合、
自動車でのアクセスは守山から約90分〜120分。
京滋バイパス小椋IC〜国道24号線を南下〜京奈和道城陽IC〜木津IC〜更に24号線南下
近鉄橿原神宮前駅北側に競技場があります。
駐車場は無料ですが駐車台数が少ないため、満車の場合は競技場裏の橿原神宮駐車場(\500/日)に駐車して下さい。

公共交通機関をご利用の場合、
京都駅より近鉄京都線(橿原線)で橿原神宮前駅へ。
駅から徒歩5分です。
 ・運賃\860 ・特急料金\870
特急橿原神宮前行き
 京都12:20 - 橿原神宮前12:48
 京都13:20 - 橿原神宮前13:48
急行橿原神宮前行き
 京都12:13 - 橿原神宮前12:54
 京都12:43 - 橿原神宮前13:24
 京都13:13 - 橿原神宮前13:54


ご来場の際はぜひ応援にご協力下さい。宜しくお願いします。
posted by Many at 23:59| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

県内最終戦

※決勝大会に向け情報規制中です。詳細情報は非公開としていますのでご容赦ください。

4強リーグは最終日を迎えます。
すでに府県リーグ決勝大会出場を決めている滋賀FCの最後の対戦相手は BSC ROSAGE。
栗東FCと4強リーグ2位の座を争うROSAGEは決勝大会出場のため全力で向かってくるでしょう。
コンパクトサッカーが魅力のROSAGEには関西リーグでも通用する選手がおり、Jリーグを目指す理想も持っています。
 周囲からの視線は、この試合は滋賀FCにとっては消化試合と思われるかもしれませんが、決勝大会にむけて弾みをつける意味でも安易な試合はできません。
滋賀県内無敗で関西に挑むためみなさんの応援をお願いします。

当方、明日は観戦できないため吉報をまっています。
なお、試合結果は公式サイトや関連ブログをご覧下さい。
 (これらについても詳細な情報は伏せられるとは思いますが…)



これからは決勝大会に向け、情報戦にもなります。
ご理解ご了承お願いします。
sfc061118-01.JPG
※最近の試合には他府県からの偵察が目立つ (4強リーグ東レ戦にて)
posted by Many at 02:46| 滋賀 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日


 関西府県リーグ決勝大会出場決定

気持ちよく勝点3を勝ちとったゲーム。
関西リーグ昇格へ、最後のステージへ!!!


今日の一枚
sfc061111-00.JPG
 「 審 判 不 在 」
posted by Many at 00:22| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

仮:滋賀4強リーグ


関西府県リーグ決勝大会進出決定!

本日〜明日 外出していますので更新できません。
あしからず・・・
posted by Many at 17:34| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

いつからペナルティエリア外でのファウルもPKになったんだろうか?

sfc061105-00.JPG



少し冷静になってからレポート・・・もとい、リポート書きます。
posted by Many at 17:40| 滋賀 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

勝利の喜びを奪うもの・・・

※レポートは別項にて記述します

大勝の喜びはどこに行ったのか?
今日は特別沈んだ気持ちになっています。

勝利以外はすべて運が悪い方に傾いた一日だった。

前の試合(ROSAGE vs 栗東FC)を見ようと早めにビッグレイクに着き、
客席に座ったとたんにバケツをひっくり返したかのような大雨。
退避するわずかな時間でシャツからジーンズからパンツの中まで完全に濡れきってしまう。

通り雨も治まり、早々に応援準備を始める。
雨はやんだが強風はおさまらない。
記録用に設置したビデオカメラの三脚が強風であおられ転倒。
大事なデジカムが故障、操作の一切を受け付けてくれなくなった。
年季が入っているとはいえ、1●万円の大事なカメラが・・・
この一件ですっかり意気消沈してしまった。
 (よって当然ながら今節の記録動画はありません)

試合は、今期、ゴールがなかなか生まれなかった滋賀FC不動のエース、川越が覚醒し5ゴールもの大量得点で復活ののろしをあげてくれたのだが・・・
上田が、岩田が、負傷退場。
怪我の程度は分からないが、大事な主力選手の欠場にショックは大きい。


成蹊大戦の敗戦のショックを乗り越え、新生滋賀FCとして気持ちも新たな船出を迎えた選手たちをもっと後押ししてやらなければ行けなかったが、どうも自分の中でのリズムが整わないまま終了のホイッスルを聞いてしまった感がある。
大いに反省しなければいけないところだけれども・・・
・・・それでもやっぱりビデオカメラのことが頭から離れなくて。。
嗚呼、ちっちゃい人間やな、俺。


***************************************************************

 ◆追記(9/11筆)

『失ったものを惜しむのもいいが、前を向いて新たな道を歩みだそう!』

というわけで・・・

sfc060911-sony.JPG


時代はハイビジョンへ!!
昨晩、夜を徹して新しいビデオカメラの性能比較をしつくした(といってもS●NY商品ばかりだが)結果、
ひとつ前のタイプだけれども、世界初の小型民生ハイビジョンカメラ、「HC1」購入しました。
 元セミプロのカメラマンゆえ、これを選んだ理由・うんちくを語りだすと止まらなくなりそうなので割愛するとして、
今まで使ってたカメラ(写真上)のバッテリー、コンバーションレンズなどがそのまま使えるということで、意を決して買ってしまいました。(ズームマイクは別売アタッチメントを買わないと付かないらしいけど)
 これで、これからの滋賀FCの勇姿をお伝えし続ける事ができると思います。さすがにハイビジョンのまま動画にはできませんが・・・

もともと、ハイビジョン“テレビ”を買うつもりで溜め込んでいた貯金を崩しての購入。 BRAVIA購入はまた少し先になってしまった。(^^;


・・・にしても、このところ、滋賀FCの応援をするたびにS●NY製品が壊れていく。
雨で壊れたデジカメ・MDウォークマン、そして今回のビデオカメラ。。。
全部買い替えになってしまってるわけですが・・・
これだけ貢献してるんだから、S●NYさま、滋賀FCのスポンサーになっていただけないでしょうかね?(笑)
posted by Many at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

近江商人よ勉強せぃ!

※この記事はアフィリエイトを有効にしています。

FA杯決勝で始めて知ったことですが、
ビッグレイクへの唯一の公共交通機関、近江鉄道バス。
「JR守山駅〜ビッグレイク」の片道運賃が¥470(大人)ですと。
貴重な交通手段なので、あまりなことは言えないけれども、ちょっと高すぎると思うんですが、近江鉄道バスさま、いかがでしょうか??
ビッグレイクは、家族連れや子供・高校生などが気軽にサッカーに触れることが出来る場なので、もう少し手軽な料金で移動できればありがたいなと。
決勝に来場した高校生の集団はタクシーを何台も連ねてやってきました。4人・5人で乗り込めばタクシーの方が安くなるんでしょう。(おそらく、野洲駅から5人で乗れば一人¥200ちょっとで移動できそうです)

あと、決勝戦の試合後はバスが大変混雑していました。
本数が少ないので無理やりにでも乗り込まないと帰れないというジレンマがあるので、混雑度はさらにきつくなります。
自分達ですら驚くほどの多くのお客さんが詰め掛けたので、誰の目から見ても“想定範囲外”の動員数だったと思うのですが、臨時便などの対応も考慮していただければと思います。
「今後、このような大盛況となる試合がいつ行われるのか?」といわれれば返す言葉がありませんが、次への教訓としてこの試合の運営での問題点を活かしてください。


posted by Many at 01:35| Comment(1) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

その目に映ったものはなにか?

※ゲームの詳細などは後日になる予定です。

1人少ない状況で、1-3という状況から土壇場で同点に追いついた意地の展開。
劇的な試合と、120分戦った選手への拍手や慰労の念を送りたいところですが、あえて厳しく言わせていただきます。

気持ち・意地を見せた試合ではあるけれども、総じて主導権を奪うことなく120分が流れ、その結果として当然の敗北が待っていただけのこと。
滋賀FCが見せた意地が呼び込んだものは、90分終了後に30分間、戦い続ける権利を得たにすぎない。
4失点のうちの3失点がおなじプロセスを経て決められたもの。 3度も同じことをやられたことへの反省点はあまりにも大きい。
 たしかに、今日の試合、ただただやられる訳ではなく、いい部分もあった。しかしそのことを評価する以上に、“できなかったこと”を重く感じてほしい。
「Jリーグを目指す」という確固たる目標を掲げてそれを達成するために日々精進しているチームなのだから、短スパンの目標である天皇杯出場であっても、結果を出していかないといけない。
それが宿命なのです。


試合後に仲間にも言いましたが、
「勝ち試合は選手の努力の結果、負け試合はサポーターの応援が足りなかった結果」
これは自分が応援という行為をするにあたって、己への戒めにしている言葉のひとつです。
 自分を正当化して敗因を他者におしつけるのではなく、自分達にもなにか反省することがあったのではないか?そう自問して初めて次に繋がる成長ができるもの。
もちろん、監督・選手もそう思っているはず。
 敗北から得るものは多くそして有意義。 今期公式戦初黒星は、逃した天皇杯出場権以上に今後に繋がる大きなものを得たと思う。

sfc060903-00.JPG
うちひしがれる選手を横目に歓喜する成蹊大選手。
その光景が滋賀FC選手達にどう映ったのか? その答えは年末に出るだろう。
シーズン通しての至上命題である「関西リーグ昇格」を成し遂げてやっと、今日の試合から得たものがあったと言えるのではないかな。
posted by Many at 20:05| Comment(5) | TrackBack(1) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

このブログ内での画像の取り扱いについて

このブログ内で使用しております、画像(写真・バナー等)については、特別な注釈のない限り、転載・転用していただいても構いません。
滋賀FC宣伝のためにご自由にお使いいただいて結構です。
ただし、写真画像などに映っている人物・建物などについては被写体に対しての肖像権がありますので、それについては各所に帰属します。
その点にじゅうぶん注意した上ご使用ください。
また、ブログ管理者として、画像への著作権は放棄しておりませんので、公序良俗に反する使用はお断りします。

また、リンク先などで使用されている画像については各管理者の了解がない限り使用できませんので、ご了承下さい。
posted by Many at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

リラックス

なぜか周囲のブログが琵琶湖と太陽の写真を掲載してるので、便乗してこちらも(笑)

sfc060827-92.JPG


信じる気持ちが勝利を呼びます。
勝ちましょう!

ちなみに、こんな時間にブログ書いてる。
・・・・寝坊です。(恥)
今から急いでビッグレイクへ。

biglake8-27project2.gif
posted by Many at 13:55| Comment(4) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

From TV

決戦に向け小忙しい日々が続いてますが、少し気を休めてTVから話題を広げたいと思います。

4月3日から6月16日まで、元Jリーガー(元日本代表)の岩本輝男氏が東海道五十三次を徒歩で制覇するという番組、
NHK「東海道五十三次完全踏破 街道てくてく旅」が放送された。
滋賀を経由する旧東海道をテルが歩くということで、とても楽しみにしていたのだけれども、
滋賀を通過する期間とワールドカップがバッティングしてしまったので、テルのことなんかすっかり忘れてた。

今日、総集編が放送されていたので、もう2ヶ月以上遅れてではあるがようやく見ることができた。
その中で、京都三条大橋の終着点を目前にした、大津本宿の場面。
旅の終りを明日にひかえ、テルはいろいろな思いをこめてサッカーボールを蹴っていた。
その場所が「皇子山陸上競技場」。
(正確には皇子山運動公園の補助グランド=陸上競技場のとなり)
2ヶ月間の記憶を総括するかのようなリフティングを皇子山でやってくれたことに、滋賀県民として、サッカーファンとして感慨も一入です。

そんな皇子山で滋賀FCの選手たちの戦う姿をぜひとも見たいところ。
夢(妄想?)は膨らむばかり。

-------------------------------------------

今日(8/23)のBBCびわ湖放送、「びびっとモーニング」と「びびっとびわこN」の両番組で、日曜日の対戦相手が紹介されていた。
滋賀で活躍する団体などを数珠つなぎした「びびっとサポーター」のNo.107としてVTRが流されたというのが内訳。
チーム紹介と天皇杯予選準決勝の案内が放送されていた。
 相手さんはBBCで毎週、天気予報のスポットCMが放送されていたりとBBCとの繋がりは深いようだ。
滋賀FCとしては先手を打たれた感がして、ちょっと悔しい。
 ただ、滋賀FCもちゃんとBBCで採り上げられたことはあるんです、実は。。。

5/5の県リーグ開幕戦直後、びびっとびわこNの中継がビッグレイクから放送されたのに合わせて、滋賀FCから杉本、南、芥川の3選手とマネージャーなどが出演。
杉本選手の過去の経歴(全国選手権優秀選手選出)や滋賀FC発足の経緯、またビッグレイクの紹介などもインタビューされ、なかなかの露出でした。
(VTRではなく生だったのでリアリティはあった・・・かな?)
 それ以来TVメディアには縁遠い滋賀FCですが、この天皇杯予選で決勝に勝ち上がって、NHKの生中継で思う存分アピールしてもらいたいところ。
日曜日の相手には絶対勝ってもらわねば。

※なぜ準決勝の相手チーム名を書かないか・・・
 今日のBBCのVTRで「天皇杯予選 準決勝」というテロップしか出ず、「滋賀FC」という文字がなかったことによる報復措置です。(笑)




(注)このブログは記事毎にアフィリエイトの設置設定ができます。
 基本的にはアフィリははずしてるのですが、なんかサーバー会社の営業状態が苦しいようなので、たまにアフィリをつけて記事を書いてます。
 このブログ、けっこう使いやすいので ちょっとは貢献してあげようというつまらない心遣いです。
 ちなみに、管理人にもアフィリ配当がありますが、1年半やってて¥1000しか計上されてない。
 何万円とか溜まれば滋賀FCに寄付しようと思ってるのですが、いつになることやら。。。
posted by Many at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

ブログの接続・表示障害について

ここ数日、このブログへの接続が極端に重くなったり、時間によって画像が表示されないなどの障害が起きてます。
ブログのサーバーがいじられたことによる障害だと思います。

こちらではいかんともしがたい状態ですのでご容赦下さい。
 
posted by Many at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

近況

レポート等の投稿は少々お時間を頂き、今回は珍しく気楽に自分のことでも書きます。

水口戦の勝利の代償、というか雨の被害たるや散々なもので・・・

・スタメン、試合記録のメモ用紙が水で読取不可能に
・雨水による電極ショートによるデジカメ液晶の故障(記録はできますがディスプレイが映らない)
・同じく、浸水によるMDウォークマンリモコン故障(リモコンからの操作不可)
・湿気でやられたのかその他の原因があるのか前半を記録したビデオテープの再生不可
・濡れた横断幕の乾燥のため家が幕で占領される事態&屋内多湿状態

そして一番の被害が、
 裸足で応援したがために足の爪をどこかで強打し割れ、その割れた爪が親指に刺さり、結果軽く化膿してしまいました。
刺さった爪が神経を刺激したようで、現在激痛に襲われています。
・・・よって、レポートを書く気力も湧きません。


観戦にこられた全ての方が雨の中大変な思いをされてるので一人被害妄想に浸ることは出来ませんが、さすがに被害の度合いが大きすぎるような。
(デジカメ買い替えは必至か!?)

 ■FAカップ[準々決勝]ダイジェスト動画(2006.7.17)
  前半部分はビデオテープ再生不可のため、後半のみのダイジェストになります
  雑音が多いですが、すべて雨音です。どれほどの天候状態だったか分かっていただけるかと・・・



 悪い思い出は胸に秘め、次の激闘に英気を養いましょう。
8・27は今回の倍の気合いで挑みます。 滋賀No.1の座を掴むために!!!
biglake8-27project.gif





最後に、仲間に一言・・・ダンマクが濡れたら分散して持って帰って下さい。一人で干すにはあまりにも酷ですので。(^^;
 今日は個人的な投稿で申し訳ないです。



 続きを読む
posted by Many at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

欠席

日曜日の第3節は私用により観戦できません。
私の分まで熱い応援をよろしくお願いします。

ヴィオラ戦はなんとか見たかったんですけど残念です。
中井もさることながら、昨シーズン滋賀FC所属の根岸がどんなプレーするかに注目してください。
(故障気味で出場は微妙ですが)


あと、3節は申し訳ないですがサポーターズマッチデープログラムの配布はできません。
ちょっと忙しくて作る暇がなかったので・・・申し訳ございません。


 ■県リーグ(1部) 第3節
  『滋賀FC vs ヴィオラSC』
  2006.5.14(日) 11:00KO
  栗東市立野洲川競技場
posted by Many at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

いざ頂点へ


 滋賀FAカップ2006 いよいよ決勝


  滋賀FC vs 栗東FC

 2006.5.3(祝) 11:00キックオフ
 守山市:ビッグレイク(Bコート)




頂点目指して応援します。
準決勝を越えるお客さんが来場してくださる事を切に願っています。
ぜひビッグレイクへ!

目標 ビッグレイク200人動員!

2006-syo-.png
posted by Many at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

5得点以上 無失点

日付がかわり、4/16(日)です。

FA杯3回戦「滋賀FC vs FCギャザー」は15:00より、ビッグレイクCコート(天然芝)で行なわれます。
あいにく、私事で観戦・応援に行けませんので来場いただける方にはぜひ、私の分まで応援していただけでば、これ幸いかと。

吉報を待っています。



昨シーズンの4強リーグから、ほぼ試合ごとに「サポーターズ・マッチデープログラム」という非公式のマッチデープログラムを作って、会場でお配りしています。(A4一面・モノクロ刷り)
大会の説明、ゲーム方式、前節の試合ダイジェストなどを、独断と偏見で書き上げたものです。
県リーグや県内の諸大会は制度や運営方法などがまだ知れ渡っていないので、少しでも試合を見やすいようにと作っていますので、ぜひご覧ください。
(読み終えたプログラムは各自で処分していただくか、サポーターに返却してください。会場に捨てて帰ることだけは辞めて下さい)

なお、明日のギャザー戦は、都合により作成が間に合いませんでした。(片手間にやってますのですいません)
準々決勝以降は確実にお渡しできるようにしますので・・・
※あくまで非公式のものです。 あとあまり詳細に書くと対戦相手などに細かな情報を伝えてしまうことにもなるので適度な内容となっています。
sfc060415-01.JPG



2006-syo-.png
posted by Many at 00:32| Comment(0) | TrackBack(1) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

余談

このブログ、投稿の時に文字化けしてしまうことがよくある。
投稿後に確認してますが、完璧ではないので読みにくい部分があるかと思いますがご容赦ください。

「た」「と」「っ」が「造」に、
「い」「行」が「創」に、
「年」「長」が「・」に勝手に化けてしまうことがよくあります。


〜編集後記〜

個人的なことですが、日曜にフットサルで足首をやってしまいました。
骨に異常はないようですが、現在松葉杖生活です。<苦笑>
毎週毎週ハードな練習してる選手たちの健康管理も大変やろうなと思う今日この頃。

先週県内のゲレンデに滑りに行ったらBGMに「振り向くな君は美しい」がかかってました。
野洲高優勝効果とでもいうんだろうか?
地味ながらもこういう雰囲気づくりがサッカー熱を盛り上げていくんだろうと、一人感動してしまいます。
posted by Many at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。