2009年11月14日

滋賀レイクスターズに学ぼう

滋賀FCの降格劇から早くもひと月が経ちました。

いつもでも落胆はしていられませんし、先のKSLカップでは興奮する試合を見せてくれましたのでこれからの滋賀FCの飛躍に期待したいところです。
チームも「地域交流リーグ」なる新構想のもと、北信越のサウルコス福井、東海の名古屋クラブ(残念ながら名古屋も県リーグ降格が決まってしまいましたが)、同じく東海リーグの伊勢ペルソナとの地域の垣根を越えた交流試合をこなして切磋琢磨していくようです。
いろいろな試みをしていく滋賀FCにおおいに期待します。


さて、今年の滋賀FCは早々にシーズンオフに突入してしまい、サポーターとしても手持無沙汰な感が否めない今日この頃です。
そこで、常々サポーター間で話題に上っているbjリーグ「滋賀レイクスターズ」の観戦(応援)に行こうということになりました。
サッカーとはジャンルが違いますが滋賀県初のプロスポーツクラブで県民の期待を背負って奮闘中のレイクス。
bj参戦2シーズン目の今年は現在2位(Westernカンファレンス)と絶好のポジションにつけています。
もうすっかり滋賀の顔になりましたね。



レイクスには滋賀FCの選手(元選手)やクラブスタッフが運営のお手伝いをすることもあり、身近な存在に感じていますし、自分自身昨シーズン(今年3月)に」東京アパッチとの試合を観戦し強豪東京に1勝1敗と白熱した試合を披露してくれました。
自分としてはそれまでは「地域密着スポーツはサッカーで!」という偏った考えしかもっていませんでしたが、はるばる東京まで応援に来ていた多くのブースターを見て、SAGAWAやMIO、そして滋賀FCではなし得なかったクラブと地域住民との深いコミュニケーションをレイクスターズがすんなりと実現させたなぁと、うらやましく思ったほどです。
滋賀FCクラブ関係者がレイクスとの接点を持っているのも、そういった点で習得するものがあるからかもしれません。





ならば、滋賀FCサポーターもレイクスブースターに習おう・・・というと大げさですが、スポーツで盛り上がるのが大好きな我々ですので、一緒に楽しませてもらおうと思っています。

11/15の試合に行こうと前々から予定はしていたものの、なかなかメンバーの都合が合わず、5人ほどの少数ではありますが会場のムードをレイクブルーに染める意気込みはしっかりもってお邪魔します。
自分にとっては、レイクスのホームゲームは初体験なのでとても楽しみにしています。
レイクスブースターの皆様、よろしくお願いします。






余談ですが、東京アパッチとの試合で、今話題のあの方を発見しました。

なんでもアパッチの社長に就任されてるとか。
個人的に子供の頃から西武ライオンズファンだったので感激しました。握手してもらったのは今となっては恥ずかしい東京での思い出。。。
posted by Many at 00:42| 滋賀 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BBCやNHKでも放送ありますしね。

bjリーグの良さはなんといっても、室内観戦で快適に楽しめるところだと思います。盛り上げるチアリーダーとか、ショーとか。

そうなると、フットボールの視点では個人的な意見として、
Fリーグもアリなのですが・・・

バスケットの方が日本では屋内競技として一日の長がありますね。

観戦後の感想楽しみにしております!

Posted by 湖人 at 2009年11月14日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132842765
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。