2010年04月25日

KSL第3節 『TOJITSU滋賀FC - ディアブロッサ高田』

■2010関西リーグ(Div.2) 第3節
 『TOJITSU滋賀FC 3-2 ディアブロッサ高田FC 』
   2010.4.24(Sat) 11:45K.O. 奈良フットボールセンター


前節、三菱重工神戸FCを相手に得点3を奪えなかったTOJITSU滋賀FC。
主審のジャッジレベルが相当低かったという問題点はあったものの、試合としてはTJ滋賀のサッカーを研究しつくした三菱の“術”の勝利で勝点1を分け合う結果に終わりました。

今シーズンのTOJITSU滋賀FCは、KSL2部の中では上位に食い込めるだけ実力を十分持ち合わせたチームであることは間違いないと思いますが、相手の術中にはまり、自ら打開策を打ち出せない乏しいイマジネーションではチームとして発展する余地はありません。
前節は、いろいろな部分に不満の残るゲームでした。


鬱憤と不安を感じながら挑んだ第3節。
対戦相手のディアブロッサ高田は、2008年はKSL1部、2009年はKSL2部所属で、TJ滋賀とは今回が初対戦となります。
FWの動きが鋭く、ディフェンスラインから中盤を省略して一気に攻めるというスタイルで得点を重ねる面白いチームです。
会場の奈良センターは新しくできた人工芝フィールドで、一般観客ゾーンとしてクラブハウス2階が解放されており、見るには快適な施設です。
(応援は、サイドスタンドで鳴り物禁止と、すこし狭苦しい環境ではありますが)





TOJISTU滋賀FCのスタメンは、DF中島がサブにまわり上田大輔が入ります。
TOJITSU時代のエース、石倉は先日のMIOとのTM時に負傷し今日も登録メンバーからははずれました。

ゲームは序盤、高田の突発的な攻め上がりを警戒しつつ、滋賀がボールを収めながら進みます。
さらに、早い時間からゴールを狙いにいく姿勢が見てとれます。
前節では序盤は綺麗なサッカーをしすぎて相手に滋賀を見極める時間を作らせてしまったので、その反省点から早い時間に得点を得ようと考えたものだと思われます。
 何度か、高田ゴールに襲いかかる激しいボールを供給したもののゴールは生まれず、逆にその後に警戒していた高田の恐ろしいほどに素早い攻撃転化でピンチを迎えます。
特に高田のFW山本翔一選手の早いチェックにはTJ滋賀DF陣もたじたじといったところ。 深い位置でボールを回すことは命取りになりました。
 ボールポゼッションは滋賀に分があるものの、一瞬の隙から一気に高田ペースになってしまう流れが続き、前半21分に試合が動きます。
サイドでボールを奪った高田が一気に前線へ。滋賀DFの枚数が少ないことを見た高田はファーサイドに上がってきたFW新家康平選手にセンタリングを上げ、いとも簡単にゴールを許してしまいます。





前節同様、滋賀を研究して対策を練った相手の作戦勝ちといった形で、TJ滋賀はビハインドを負います。
すぐさま反撃に出たい滋賀は西アのドリブル突破に藤本の果敢なシュートで高田を襲います。
前半38分、コーナーキックからゴール前混戦地帯にボールが渡り、藤本が意地で押し込み1-1の同点に持ち込みます。
ようやくゲームが落ち着いたところで、まずは前半を1-1で終えて後半勝負に持ち込みたいと考えていたところ…
前半ロスタイム、サイドから清津野が豪快なミドルシュート。
そのボールが跳ね返されるとミドルレンジから藤本が無理やりシュート。
ボールはクロスバーに当たりゴールラインをわずかに超え泥臭いゴールが決まります。
劇的なゴールシーンで2-1とTOJITSU滋賀FCがリードして前半を終えます。









後半、引き続き果敢に高田ゴールを襲う滋賀。
後半7分には中央から飛び出した岩田が相手を交わして今季初得点となるゴールを決めます。
その後は、24分に野元→藤原、30分に小池→中島と中盤から底を立て直すメンバーチェンジをして2点のリードを守りに行きます。
 しかし38分、高田のコーナーキックのシーン。
ゴール前の混戦地帯で高田の選手を押したという判定を受け高田にPKが与えられます。
このPKを高田が確実に決め、点差は1点。
まだ諦めていない高田に、TJ滋賀はなんとか守り抜こうというこれまでとは逆の構図になりますが、組み立てなおした滋賀DF陣が踏ん張りタイムアップ。

3-2の僅差ながら試合内容は文句なしで、今シーズン、そしてTOJITSU滋賀FCクラブ設立初の勝利を手にしました。






前節のふがいないサッカーと比べるまでもなく、ここ数年でももっともよいと評価していい内容で勝点3をゲット!
前期日程2位以内にむけてなんとか踏ん張った結果が得られました。





3節を終了して勝点4。 順位は5位。
アミティエ、関学クラブが好調を維持しているためなかなか上位に上がることができません。
今後、滋賀FCは1週間のブランクをはさみ連休明けから1試合も落とせない勝負どころに突入します。
前期日程最終節(6/5)のアミティエ戦で2位以内を確保し、全国社会人選手権出場権を獲得するために、この勝利をいい材料にしてほしいと願います。







ご御紹介が遅れましたが…

昨年までの滋賀FCの勝利のマスコットキャラクター、「サポにゃん」の引退に伴いまして、新キャラクターがTOJITSU滋賀FCにやってきました。

<
 今度は3Dです!
サポにゃん以上に、TJ滋賀の選手にうけがよいので、これからもご愛顧よろしくお願いします。
(水鳥ではありますが、雨の試合では応援してくれませんのでご容赦くださいませ。(けっこう値がはったので大事にしたい…))
posted by Many at 23:43| 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

TM 『TOJITSU滋賀FC vs MIOびわこ草津』

TOJITSU滋賀FCとの永遠のライバル(と、我々が一方的に思っている) 「MIOびわこ草津」とのトレーニングマッチが行われました。

滋賀FC時代から、公式・非公式にかかわらずMIOと対戦する機会はほとんどなく、唯一の対戦となる滋賀FAカップ(天皇杯予選)では滋賀サポーターは史上最高のテンションで応援を繰り広げました。
そのMIO戦もここ2年ほどなく、それぞれのレベルは大きく開いてしまった感さえあります。

今回、トレーニングマッチではありますが、MIOとの対戦が実現するとあって“無理をして”行ってきました。
会社(大阪)を定時で切り上げ、滋賀に向かいます。
ビッグレイクであればそんなに苦もなく行けるんですが、今回の会場は水口スポーツの森です。
5年ぶりにJR草津線に乗りました。 そして生まれて初めて近江鉄道に乗りました。(近江鉄道のいまにも壊れそうなモーターの轟音にはビビりました)。
水口城南駅からスポーツの森までは徒歩です。 コートを着てこなかった上に春夏用のスーツ姿です。
…寒くて死ぬかと思いました。

〜余談はこのへんにして・・・

水口スポーツの森に到着したころにはすでにTMもキックオフから20分ほど経過しており、伝え聞いたところすでにスコアは「TJ滋賀1-2MIO」となっていましたので、得点の詳細はよく分かりません。


 ■紛らわしいですが、グレーがTJ滋賀ブルーがMIOです。

経過としては、まずはTJ滋賀が先制。 高い位置に上がったMIOのGKとゴールの間のスペースを見逃さなかったTOJITSU滋賀(選手は不明)がループシュートを決めて1-0。
その後、MIOがTOJITSUのDFを振り切りGKも交わして同点に追いつく。 完全に崩された様子です。
立て続けにペナルティエリアでのファウルを受けMIOにPKのチャンス。 これを決めて1-2となったということです。

前半25分に足に違和感を感じたFW石倉が下がり、代わりにドリブラー野元が入り中盤をかき乱して存在感を発揮します。
ゲームの流れとしては一進一退といえるほどの互角のぶつかり合いになっています。
ただし、MIOはトップメンバーは少なく控え選手中心のチーム編成で臨んでいるようですので、この状況からMIOとTOJITSUのレベルは同じとは決して言えません。
MIOのフィールドプレーヤーの中には昨年の滋賀FCの司令塔“蹴球貴公子”前川賢司選手もいます。
ポゼッションはTOJITSUに分があるものの、MIOはボールを奪ってから攻めに転じる速さと狭いエリアにパスを通すセンスが光っており、見ていて引き込まれるプレーをしているのはMIOの方です。
TOJITSUはボランチ奥田が比較的高い位置でプレーし、中盤の司令塔藤原昭とのコンビネーションを模索しているようにも見えました。
守備面では小池を中心に上田・中島でライン統制をしますが、GKとの距離感が不安定。また清津野不在のため最終ラインから一気に攻め上がるという攻撃パターンはできにくい状態ではありました。
関西リーグ開幕戦を欠場した岩田も実践復帰し、キレのある動きとシュートを打つ気持ちの高さから不安は感じられません。
一進一退ながら前半は1-2終わります。



 ■足の状態は完全ではないものの、ゴールを貪欲にねらう石倉


 ■コンビネーションを整えつつあるディフェンス陣


 ■MIOのユニフォームをまとった前川 リーグ戦出場を期待します


後半、石倉が抜けたことで前線でボールを貯めることが厳しくなったTOJITSU。
野元がドリブルで粘るものの、徐々にTOJITSUサイドでボールが動くようになってしまいます。
MIOの前線の動きが早くオフサイドで流れを止めるのも難しく、何度か危機的状況に陥りますが、MIOのフィニッシュがことごとく枠を外れるため事なきを得ます。
後半20分、もう一人のドリブルスペシャリスト、藤原に変えて西アを投入。
中央を野元に任せ西アはサイドから前線へのボール供給に努めます。FWは岩田一人という状況ながらもMIOゴールは近くなりました。
後半25人には野元・岩田・奥田の主力を下げ、角谷・横山・前田を投入。また違った人員配置でチームバランスをなじませます。
TOJITSUの新監督、山本氏の魅力である多彩なバリエーションでのゲーム展開といった部分がTMでもしっかりと見てとれます。
人選が変わってもTOJITSUの戦力が崩れることはなく、フィニッシュまで持っていけるだけのサッカーはできます。
終了間際には岩田が果敢にシュートを打つシーンや、サイドから決定的なセンタリングが上がるなど1点を返すチャンスはあったものの、ゴールネットを揺らすことはできず1-3でMIOとのTMは決着しました。


 ■中盤ではだれにもボールを渡さないという自信が見てとれる野元







TMなので勝ち負けにこだわることはありませんし、負けはしましたが悲観すべきようなゲームではなく、細かな修正点をしっかり見出せたこと(このあたりは連携が大きくかかわるので、これから改善可能だと思われます)を思うと、とても実のあるTMでした。
先週のリーグ戦を基準として控えに回っていた選手も、いまのチームの中でしっかりと戦えるだけの力はもっていることが分かっただけでもサポーターにとって収穫は大きかったといえます。
今週末のKSL第2節を目前にして、岩田の出場は間違いないものとなっていますし、前節出場機会のなかった選手にも期待が持てます。

TOJITSU滋賀FC、チーム発足後初勝利にむけてチームのムードはとても良くなっています。

■関西リーグ(Div.2) 第2節
 『TOJITSU滋賀FC vs 三菱重工神戸FC』
   2010.4.18 11:45K.O. 神戸ユニバー記念競技場


神戸ユニバー競技場は、かつてのヴィッセル神戸のホームスタジアムです(約3万人収容)。
素晴らしいスタジアムで、最高のゲームを期待しましょう。
(神戸ユニバー競技場へは、JR三ノ宮から神戸市営地下鉄 西神中央方面、総合運動公園下車すぐです。)
(お車の場合は阪神高速生田川ランプから山麓バイパスへ、駐車場は¥500です)




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

余談

JR貴生川駅と共用になっている信楽高原鉄道の貴生川ホーム。
その案内看板のタヌキが微妙にふてぶてしい。。。


近江鉄道は自転車の持ち込みが可能です。
個人的に自転車が趣味なので、とても魅力的な鉄道です。


この春は滋賀の鉄道で、地元滋賀の魅力を再発見してみるのはいかがでしょうか?
  
posted by Many at 01:02| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

KSL第1節 『TOJITSU滋賀FC - 関学クラブ』

■2010関西リーグ(Div.2) 第1節
 『TOJITSU滋賀FC 1-2 関学クラブ 』
   2010.4.11(Sun) 11:45K.O. 堺ナショナルトレセン


TOJITSU滋賀FCとして初めて迎える公式戦。
西日本最大のサッカートレセン「堺NTC」にて今シーズン昇格を果たした関学クラブとの対戦。
申し分ないシチュエーションで迎える処女航海となります。

堺ナショナルトレーニングセンターのメインフィールドは環境がとてもよく、観戦しやすい会場となったため、多くのお客さんが詰めかけてくれました。





かつての滋賀FCの大黒柱「上田晋也」さんも観戦にきてくれました。

チームとしてのコミュニケーション、組織力は新造チームとは思えないほどまとまっているTJ滋賀FC。
練習から連携のよさやコミュニケーション重視な姿勢が見てとれます。
記念すべき開幕戦ではあるものの、岩田・石倉の2トップFWがそろって足の故障でスタメンからはずれ、西アが変わって攻撃のポジションに就きます。

TOJITSU滋賀FCスターティングメンバー
 GK 1.内野
 DF 4.中島、5.小池、7.清津野
 MF 8.田口、15.奥田、9.藤原、10.宇野、13.野元、20.藤本
 FW 14.西ア


リード能力の高いGK内野を支柱として、中島がSB、CBに小池が就き清津野がサイド突破を狙うという守備陣。
TOJITSUの最大の売りである中盤には力強い選手が顔をそろえる。
滋賀に復帰した藤原、ボランチの安定感を増した奥田といったかつての滋賀FCの主力に加え、幅広いエリアをカバーできる田口、W司令塔として存在感を示す宇野・野元、そして攻撃的MFの藤本と、攻撃パターンは多種多様に組み替えられるのが自慢。
西アはなれない1トップのポジションを任されたが、これまでも滋賀FCで多くのゴールを挙げているだけに苦手なポジションとは言えない。

対する関学クラブは
MF佐伯を中心に攻撃的な面々で臨みます。


キックオフからしばらくの間、こう着状態ではあるものの滋賀FCがボールをもつ割合が高い時間帯となります。
しかし関学クラブが劣勢というわけではなくこちらの様子をうかがって滋賀にボールを持たせているといった感じのゲーム展開です。
関学クラブは相手に合わせて試合を始め、徐々に自分たちのサッカーに飲み込んでいくというサッカースタイルが得意なため予想できた展開でした。
両チームとも中盤に魅力がある人員配置なため中盤の狭い位置でのボールの奪い合いが続く地味な試合になりました。
比較的滋賀に分があるサッカーではあったものの、カウンターを狙っていた関学クラブの思う壺のサッカーをしていたのはTJ滋賀FCでした。
21分、狭い中盤にプレーヤーが固まり守備のラインもコンパクトになったところを突かれカウンターから関学佐伯にゴールを許すことになります。
その後はこう着状態が続き、このまま前半終了かと思われた40分。
サイドから野元・宇野が小刻みなボール回しで攻め上がり、少し深い位置に上がっていた清津野が思い切ったシュートを放つ。
これが関学ゴールネットを突きさし、TOJITSU滋賀FC チーム第1号の記念すべきゴールを清津野があげました。
第1号にふさわしい綺麗なゴールでした。


■滋賀に復帰した藤原昭


■慣れないFWの役割をしっかり果たした西ア


後半は序盤から滋賀FCが積極的に攻めの姿勢を見せます。
粘りのあるドリブルが魅力の西ア。その西アに加え、野元のドリブル能力も高く、2人で相手の守備をかき回します。
またパスセンスの高い宇野に、素早いサイド突破の清津野とシュートセンスのよい藤本のコンビネーションもよく関学クラブを圧倒します。
しかしFW不在のこの試合に合って、シュートで終わるというシーンはあまり多くありません。

そんな中、後半9分に関学の10番.三原選手が2枚目の警告で退場。
人数が少なくなったうえに修正も難しい状況の関学クラブ。
滋賀はさらに攻撃の手を強めます。
14分にはアキラ(藤原)のキラーパスからノブオ(藤本)のシュートなど目の覚めるような場面も生まれますがゴールを割ることはできず。
圧倒的に攻め立てているこの時間帯にゴールが欲しかったものの、追加点は奪えません。
 そんな中後半27分に、カウンターから関学が滋賀陣内に攻め上がります。
小池のセーブでコーナーキックに逃げそのCKもなんとかタッチラインに逃れたものの、スローインからサイドクロスを上げられ守備の薄いエリアに詰めていた関学佐伯が冷静にシュートを決める。
これで劣勢だった関学がリードという状況になります。
 滋賀は守備の安定を図るために小池から上田大輔に交代。
最終ラインに守備要因3枚をしっかり据えた上で、残るメンバーで総攻撃体制に入ります。
関学クラブも全員守備で守りきる形を取り、攻める滋賀:守る関学という構図がしっかりと出来上がります。
終始関学陣内でボールが動き、何度か惜しいシュートもあったものの依然スコアは変わらず。
38分にDF中島から攻めの意識の強いDF前田に交代、さらに攻撃を続けます。
時間は後半アディショナルタイムに突入。FKからCKと滋賀のチャンスが続くこの場面でGK内野が攻撃参加。
全員でゴールを奪いにいく姿勢を見せますがあえなくタイムアップ。

シュート数が少なかったという“仕方のない”反省点を除き、十分評価に値するゲームでした。
少なくとも勝点1は取れたゲームを落としたこと、リーグで要注意チームとして認識されている関学クラブに勝点3を与えてしまったことが今後、どう影響してくるかが心配ではあるものの、
クラブ初の公式戦という条件を当てはめれば申し分のない内容でした。
何よりも90分をとおして選手の連携、コミュニケーション、そして広い視野をもってピッチ全体を使うサッカーに、状況に応じた臨機応変な試合の動かし方…
どれもが昨年の滋賀FCにはなかったダイナミックさと安定感を見る者に示してくれました。

TOJITSU滋賀FCを贔屓に試合をみてくれた方は最低限は満足していただけたと思います。
サポーターも皆満足のいく内容という結論に至りました。


■ゴールを狙う姿勢はFW顔負けの藤本


■後半40分にはあわやゴールというところまで追いつめた


■終盤は全員攻撃で勝ちをとりにいく


■アディショナルタイムにはGK内野も攻撃参加



昨シーズンはふがいないゲームが続いたものの、最後まであきらめずに戦った滋賀FC。
そして関西リーグに向け一時も気の抜けない試合を重ねてきたTOJITSU SHIGA。
お互いの強みがひとつになり、山本新監督のもと素晴らしい統一性をもたせてリーグに挑むTOJITSU滋賀FCの姿は滋賀贔屓でない人間でも感動を覚えるほどのサッカーをしてくれます。

今シーズン、期待していいでしょう。
いや、あえて厳しい姿勢で重い期待を選手に、チームに、ぶつけたいと重います。
彼らは必ず期待にこたえるサッカーをしてくれるはずです。

滋賀県内での試合はまだ先になりますが、お時間が許せば次の試合に、ぜひとも応援に参じてください。




■関西リーグ(Div.2) 第2節
 『TOJITSU滋賀FC vs 三菱重工神戸FC』
   2010.4.18 11:45K.O. 神戸ユニバー記念競技場


神戸ユニバー競技場は、かつてのヴィッセル神戸のホームスタジアムです(約3万人収容)。
素晴らしいスタジアムで、最高のゲームを期待しましょう。
(神戸ユニバー競技場へは、JR三ノ宮から神戸市営地下鉄 西神中央方面、総合運動公園下車すぐです。)
(お車の場合は阪神高速生田川ランプから山麓バイパスへ、駐車場は¥500です)
posted by Many at 22:54| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

速報 KSL第1節

2010関西リーグ(Div.2) 第1節

  『TOJITSU滋賀FC 1-2 関学クラブ』

得点者:
  T滋賀FC  清津野
  関学クラブ 佐伯2


中身のあるゲームで、手ごたえをつかむには十分の試合。
決定機に決められなかったことが悔やまれる。




posted by Many at 16:22| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。