2008年08月26日

滋賀FC 読売新聞にて…

滋賀FCサポーター仲間“T2”さんのブログ「My Heart, My Soul, SHIGA FC」ですでに紹介されていますが、
本日8月26日付 読売新聞朝刊(スポーツ面)にて「滋賀FC」のクラブ紹介記事が掲載されています。

地域版ではなく全国版での紹介ということでこれまでにないメディア露出効果を期待したいところ。
これまで京都新聞や中日新聞をはじめ、毎日新聞(滋賀版)・読売新聞(滋賀版)では度々紹介記事が掲載されていましたが全国版は初めてです。
(新聞でいえば、懐かしい“みんなの滋賀新聞”でもよく取り上げていただきました。 惜しまれつつ休刊してしまいましたが・・・(’・ω・`))

ご存じのとおり、私は現在関東住まいですのでまさか東京で滋賀FCという活字を目にすることができるとは夢のようです。
早速、読売新聞(東京第14版)を購入したところ…


(クリックすると“とてつもなく大きい画像”にリンクします)

関西版とは少しレイアウトが違うながらもちゃんと紹介されています。
それも、よく読んでみると、掲載されている画像は関西版よりも大きく、前川・西崎・あと2名(西地?、武藤?梅辻??)の写真に変更されてます。
さらに、記事も、関西版よりボリュームが多い。
関西版にはなかった前川のコメントも載っています。

地元滋賀よりも内容の濃い記事構成・・・読売新聞さんも粋な計らいをしてくれます。


「全国社会人サッカー選手権」の出場を前に、一足早く全国デビュー(?)した滋賀FC。
勢いに乗ってほしいところ!
次の公式戦まで1カ月以上のブランクがありますが、大いに期待しています。






その「全国社会人サッカー選手権大会」(10月17日開幕、ホスト=新潟県)ですが、すべての出場クラブが決定しました。

【北海道】
  ・トヨタ自動車北海道(北海道)
  ・サンクFCくりやま(道北)
  ・ノルブリッツ北海道(北海道)

【東北】
  ・NEC/TOKIN(東北1部)
  ・FC秋田カンビアーレ(東北1部)  

【関東】
  ・FC町田ゼルビア(関東1部)
  ・日立栃木UVA(関東1部)
  ・クラブ・ドラゴンズ(関東1部)
  ・YSCC(関東1部)
  ・東邦チタニウム(関東1部)
  ・tonan前橋(群馬1部)

【北信越】
  ・長野パルセイロ(北信越1部)
  ・松本山雅FC(北信越1部)
  ・サウルコス福井(北信越1部)
  ・JSC(北信越1部)===新潟:開催地枠

【東海】
  ・静岡FC(東海1部)
  ・矢崎バレンテ(東海1部)
  ・浜松大FC(東海2部)
  ・伊勢ペルソナ(三重県1部)

【関西】
  ・バンディオンセ加古川(関西1部)
  ・京都BAMB(関西1部)
  ・ラランジャ京都(関西1部)
  ・滋賀FC(関西2部)
  ・奈良クラブ(奈良1部)

【中国】
  ・NTN岡山(中国)
  ・佐川急便中国(中国)

【四国】
  ・三洋電機徳島(四国)
  ・高商クラブ(香川1部)

【九州】
  ・ホンダロック(九州)
  ・V・ファーレン長崎(九州)
  ・沖縄かりゆしFC(九州)
  ・ヴォルカ鹿児島(九州)


なかなかのつわもの揃いです。
滋賀FCサポーターとしては滋賀FCが全国レベル(地域リーグトップクラス)にどこまで食い込めるかという試金石の大会と位置付けています。
現在のレベルでは優勝などという言葉は軽々しく口にできないことは十分承知していますが、でもあっさり敗退するようなチームでもないと思っています。
なので3回戦(準々決勝)あたりまでは勝ち進んでほしいなというのが、心の内です。
なので準決勝(21日火曜日)まで滋賀FCを追いかけられるよう、有給申請済みです!!・・・さすがに水曜まで有給申請したら上司に喝入れられましたのでw

あと、個人的な希望としては2回戦あるいは3回戦でゼルビア町田と戦いたいなと。
ゼルビアはクラブもチームもサポーターも素晴らしいので、ぜひとも対戦してみたい。
(実力差は言うまでもないので勝敗結果についての展望は控えますが(^^; )


天皇杯予選敗退に打ちひしがれている皆さん、頭をあげて前を向いて次の戦いに思いを巡らせましょう!
滋賀FCはどこまでも突き進んでいきます!
posted by Many at 21:55| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

湖国クラシコ 終演

■天皇杯滋賀県代表決定戦 準決勝
  『 MIOびわこ草津 3-0 滋賀FC 』



試合についての詳細はほとんど覚えていません。
とにかく90分必死でした。
サポーターがそうであるように、選手も90分必死に戦いました。

今日の試合に対する批判はここでは一切しません。
すべてを含めて90分に起こった出来事がサッカーなのですから。

ただ一言、県協会には今大会にはすべて一級審判を起用することを切に願います。
来場していただいた観客に気持ちよくサッカーを楽しんでもらうことが文化としてのサッカーの発展に繋がります。
サポーターは文化面での発展に寄与できるように日々努力しています。
競技だけでなく文化としてのフットボールが滋賀に根付き大きく成長させるための努力を主催者にも求めます。





今日の試合、ビッグレイクに来てくださった多くのサッカーファンの皆様に、滋賀FCサポーターから感謝申し上げます。
「湖国クラシコ」などという大それたネーミングでこのカードを盛り上げてきましたが、その言葉の意味はやはり大げさなものではなかったと、確信しました。
実力差は誰の目にも明らかでした。
ジャッジのせいにしたところで勝敗は変わらなかったでしょう。
MIOの地力を見せ付けられたと同時に、ただやられるだけではなかった滋賀FCの選手たちに少しながらの自信を見出した気がします。
滋賀FCの“誇り”はたしかに観客に伝わったと思います。
少なくとも自分たちには伝わりました。
天皇杯への道は閉ざされましたが、今日の試合から自信をつけられる部分は大いに自分たちを助長させる材料として受け止め、そして多くみつかった課題を修正して、次のステップである「全国社会人サッカー選手権」につなげてください。

サポーターはどこまででもついていきます。





自己満足こそしませんが、今日の試合に向けてさらにサポーターの結束力が増した気がします。
この喜びを少しでも多くの方と共有したいというのが私たち滋賀FCサポーターの願いです。
滋賀FCに興味を持たれ、応援してくださる皆様、またスタジアムで一緒に応援できることを楽しみにしています。
ぜひとも私たちと一緒に応援してください。





この試合にかける思い、感想はひとそれぞれお持ちだとは思いますが、
自分としてはこの一戦、本当に楽しかったです。
また来年、MIOとの湖国クラシコが行えるよう、滋賀FCもがんばります。






では、今から東京に向けて帰ります。。。
・・・が、なんか東海地方で大雨らしいです(^^;
東名高速は走行できるんだろうか????
 
posted by Many at 23:23| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

湖国クラシコ前夜 & お礼

■滋賀FAカップ(天皇杯滋賀県代表決定戦) 準決勝
  『 MIOびわこ草津 vs 滋賀FC 』
   2008.8.24(Sun) 15:00キックオフ ビッグレイクBコート




まずは、BIG BLUE PROJECT 2008、試合告知ビラ配りのご報告とお礼をいたします。

本日(23日)、JR野洲駅にて「湖国クラシコ」の試合告知ビラ配布活動を行いました。
当初の予定では、JR守山駅での配布も予定していたのですが、予想以上のペースでビラを受け取っていただきましたので野洲駅だけで用意した350枚がなくなりました。
1時間ですべて配布終了となりましたので、ネット上での告知からビラを受け取りに来ていただいた方にお配りできないなどのトラブルもあり、ご迷惑をおかけしました。
ビラを受け取っていただいた方の中には滋賀FCスポンサー、大生産業の社長もおられたようで(気づきませんでしたが・・・)、本当に多くの方に受け取っていただきました。



当サポーターの活動にご賛同いただいたJR野洲駅長さま、野洲駅ご利用者さま、野洲市民のみなさまには心より感謝申し上げます。
ぜひともこれを機会に滋賀FCへの応援をよろしくお願い申し上げます。
明日は午後から天気も良くなりサッカー観戦にもってこいの環境になると思われます。
ご家族・ご友人をお誘いあわせの上、できれば青い服を着てビッグレイクへ起こしください。
みんなで最高のスタジアム環境を作り上げましょう!



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/




明日の「湖国クラシコ」当日の滋賀FCサポーターの活動予定をお知らせします。

湖国クラシコ(MIOびわこ草津戦)では、
来場者の方全員に「滋賀FCオリジナルうちわ」をプレゼントします。
滋賀FCオフィシャルスポンサー「大生産業」「野洲ほほえみ乃湯」(屋号略)の協力により作成された公式グッズで2008年バージョンはチームエンブレムとシーズンキャッチフレーズが刻まれ、滋賀県出身の漫画家「森田まさのり氏」による滋賀FCのイメージイラストが描かれた限定品です。




先着250名様に滋賀FCサポーター製作の「マッチデーサポートマガジン“Rise to ...」を差し上げます。
これまで主な試合で製作・配布しておりました、滋賀FCサポートマッチデープログラム「Go to J」に変わるもので、2008年関西リーグのプレイバックや、天皇杯予選のレポート、MIO・滋賀FCのチーム紹介などを冊子にしパワーアップ。サポートマガジンとして発行しました。
滋賀FC応援歌も一部紹介しておりますので、ぜひとも一緒に声を出して応援してください。
よろしくお願いします。
250部と部数が少ないですので配布終了の際はご容赦ください。



(一部、誤字脱字・誤植があります。お許しください)


滋賀FC応援ゲートフラッグ・応援パラソルの貸し出し
数は少ないですが、一部滋賀FC応援グッズの貸し出しを行います。
周囲の方の迷惑にならないよう掲揚、応援をお願いします。



なお、明日の試合、滋賀FCはアウェイサイドのベンチとなり、ビッグレイク第一駐車場側の入り口から入場された場合は奥に進まれたエリアが滋賀FC応援席となります。(手前はMIO応援席です)

「サポートマガジン」は滋賀FC応援エリアの両端にあたる、アウェイ側入り口ゲート・応援席中央(センターライン付近)に設置しておりますのでご自由にお取りください。
また、うちわ・サポートマガジンは試合開始10分前よりサポーターが案内の上配布します。
お求めの方は遠慮なく声をかけてください。


その他、応援への参加もお気軽に声をかけてください。


三度目の湖国クラシコ。
勝つために、いい勝負のために、楽しむために、精一杯がんばりましょう。
ビッグレイクに来場いただいたすべての方が演出家です。
ともにがんばりましょう!
posted by Many at 21:53| 滋賀 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 滋賀FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BIG BLUE PROJECT 2008(広報編)

■滋賀FAカップ(天皇杯滋賀県代表決定戦) 準決勝
  『 MIOびわこ草津 vs 滋賀FC 』
   2008.8.24(Sun) 15:00キックオフ ビッグレイクBコート




FAカップ準決勝、『湖国クラシコ』まであと1日となりました。
両チーム選手、クラブ関係者、サポーターも興奮度合いはMAXにさしかかろうとしています。
試合当日の天候も気になるところでしたが、どうやら雨は午前中でやみ、試合時間には日も差すという予報で一安心です。
あとは来場していただいた方に気持ちよく観戦してもらえるよう、サポーターの行動にも注意を払います。


湖国クラシコに際して滋賀FCサポーターで「BIG BLUE PROJECT 2008」と称し、準備を進めてまいりましたが、
試合前日に際して、試合告知活動を行います。
滋賀FCのホームタウン「守山市・野洲市」のみなさんに来場を促すための「試合告知ビラ」の配布を行います。
配布予定場所はJR野洲駅・JR守山駅(それぞれ駅入口)。
配布予定時間は15:00〜17:00です。
配布枚数は350枚。

2年前に行いましたビラ配り活動では駅周辺の商店などにもお願いして500枚越のビラを配布・設置していただきましたが、今回は350枚しか用意できませんでしたので、駅での配布のみになります。
ぜひともお受け取りいただき、そして明日の湖国クラシコへ「青い服を着て」来場していただけるようお願いします。






posted by Many at 10:31| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

BIG BLUE PROJECT 2008

天皇杯滋賀県代表決定戦 準決勝
 『 MIOびわこ草津 vs 滋賀FC 』
  2008.8.24(Sun) 15:00KickOff ビッグレイクBコート






滋賀FCMIOびわこのプライドをかけた熱戦、通称『湖国クラシコ』。
湖国クラシコを盛り上げ、めいっぱい楽しんでいただくための「BIG BLUE PROJECT」を今年も行います。
2006年、MIOとの初対決に際し、滋賀FCサポーターが守山・野洲地域にて試合告知、滋賀FC広報などの街頭活動を行いました。
その甲斐もあってか、初の湖国クラシコは500人を超える多くの来場者を迎え、そして滋賀FCはライバルMIOに勝利することができました。

『BIG BLUE PROJECT 2008』では、MIO戦に向け街頭告知活動を行います。
 ・試合前日、野洲・守山駅周辺にて告知ちらし配布 (現在調整中)
 ・ちらし、ポスター貼付協力の募集
 ・試合当日のサポーターズマッチデープログラムの無料配布
 ・滋賀FCオリジナルうちわの無料配布

これらを軸に、サポーターが中心となり活動します。

インターネットでもサポーターブログなどを通じて試合告知を幅広く行います。
私たちの他、ブログやホームページをお持ちの滋賀FCファン、MIOファン、そして滋賀サッカーファンのみなさま、8月24日の天皇杯滋賀県代表決定戦 準決勝(湖国クラシコ)の紹介をお願いします。


■滋賀FC応援うちわ(約300名に配布)


また、「滋賀FCポスター」の掲載、「滋賀FCちらし」の設置をしていただける、法人・商店・学校なども募集しています。
滋賀県内で営業・活動されている方なら、個人、団体を問いません。
滋賀FCを後押ししてくださる型を広く募集します。
 問い合わせは、「合同会社 滋賀FC」 または、 「滋賀FCサポーター」までメールでお問い合わせください。


■滋賀FC広報ちらし(ポスターも同デザイン)

湖国クラシコをきっかけに、さらに滋賀FCのサポートの輪を広げていきたいと考えておりますので、ご理解・ご協力をよろしくお願いします。
posted by Many at 22:45| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

天皇杯滋賀県代表決定戦 準々決勝

■天皇杯滋賀県予選2回戦(準々決勝)
 『滋賀FC 4-1 野洲高校』
 得点者:北口・前川・安田・谷口


滋賀サッカーの暑い夏がやってきた。
県内サッカーの猛者がカテゴリーを越えて集う滋賀FAカップ(天皇杯滋賀県代表決定戦)が9日に開幕。
1回戦は高校代表の「野洲高校」が社会人リーグ代表「守山侍2000」を4-0で、関西サッカーリーグ所属の「BSC HIRA」が同じく関西リーグ「ルネス学園」を逆転の末延長で下した(4-2)。
勝ち上がりトーナメント方式の2回戦はシードされた「滋賀FC」(関西リーグ所属)と、「琵琶湖成蹊スポーツ大学」(大学代表)が加わる。



滋賀FCと野洲高校は公式戦では今まで一度も対戦したことがなく、今回が初顔合わせとなる。
日本を代表する高校サッカーの雄にして、今年の野洲高校は06年を超える実力を持つとも言われているため滋賀FCにとっては緊張感の漂う試合となった。
会場のビッグレイクには数百人の観客がつめかけ(ほぼ全員が野洲高校を見に来た方ではりますが・・・)雰囲気は最高潮。
ほどよい緊張の中、キックオフを迎えた。

滋賀FCは橋爪・本間がスケジュールの都合でチームに帯同せず、前節まで2週ほどチームから離れていた奥村が復帰。
メンバーが安定しない中、いつもどおり3バックダブルボランチのスタイルで中盤の駒を操作して形を作る。
対する野洲は(あまり詳しくはないのですが)、ベストメンバーで挑む。
潮入・坂本と世間にも名高く評価されている核となる選手に、前日の守山侍で驚きの運動量と判断力を見せたサイドバック松永など、実力のある選手がスタメンに名を連ねた。

前日守山侍が序盤から野洲のペースに飲まれてしまったことから、キックオフからの試合の入り方がとても重要になると考えていたが、パス回しを重視しポゼッションを高めて緩急をつける野洲高校に対し、滋賀FCは不用意なチェイシングは押さえ、要所要所で効果的に野洲ボールを奪い自分たちのペースを貫くことを心がけていた。
それでも野洲高校のサッカーのレベルは今まで滋賀FCが対戦したどのサッカークラブよりも質が高く、理想的なパスサッカーが個々の技術に支えられて実行されていた。
前半は右サイド深い位置からのからのフィードが目立った野洲高校。 前線で待つ坂本へボールを集め中央の詰めをしっかりしてゴールを狙う。
しかし滋賀FCもそこを門岩がしっかり守り野洲の攻撃を食い止める。
攻め手は野洲高校出身の前川賢司、奥田健斗の2選手が先輩の意地ともとれるような力強いプレーで野洲の中盤以下の選手を振り回す。
やはりフィジカルでは滋賀FCに分があった。
さらに滋賀FCが誇る天才的ドリブラー西アが再三野洲イレブンをかき乱し一人で前線に攻め上がる姿はやはり社会人リーグの貫禄があった。
前半25分、中央を突破した滋賀FC、野洲の最終ラインに隙が出来たところを北口が上手くゴール左隅に押し込み待望の先制点を奪った。
それでも油断できないのが野洲高校、メンタルでも高校レベルとは思えないほど安定しているためすかさず反撃にかかる。
(個々の選手名を知らないので具体的にはいえませんが)中盤から前線へのボールのつなぎ方は上手いの一言。 さらに高校生特有のスピードがあるために一筋縄ではとめられない。野洲のセクシーフットボールの所以が各所に見られた。
前半もロスタイムに入った頃、チャンスを見て一気に攻め入った滋賀FC(前川?)がペナルティエリア内で倒されPKを獲得。と同時に倒した野洲高校の松永が一発レッドで退場。
たしかに後ろから倒したプレーだが一発レッドは少し厳しい判断。正直なところ野洲高校と滋賀FCのベストな状態での戦いを楽しみにしていた者の一人なのでとても残念なジャッジだった。
このPKを前川がしっかり決めて2-0。思いも寄らない点差で前半を終える。 スコアは2-0だが、試合内容は拮抗していた。


■西アのドリブルが野洲の連携を打ち砕く


■先輩の貫禄を十分に見せ付けた前川


後半、立ち上がりから一気に攻める滋賀FC。
序盤から滋賀FCが支配し、あらゆる攻撃パターンから野洲陣内に攻め込む。
後半5分、総攻撃でビルドアップし、右サイドに上がっていた保田にボールがわたる。
中央には岩田・梅辻の攻撃陣が待っており野洲がそちらの処理に傾いたことろを見逃さず、保田が直接シュート。
これが野洲ゴールのサイドネットに突き刺さり思いもしない3点目。 いい時間帯に3点目を決めたことで試合の流れが一気に滋賀FCよりになる。
その後も滋賀FCが支配するも、野洲はやられているだけではなく、まだボールへの執着心を捨てていないことをプレーで示す。
13分に、縦パス1本で前線に供給されたボールをしっかり野洲が決めて1点を返す。 このカウンターの切り替えは見事で、滋賀FCは対応仕切れなかった。
その後も野洲は選手交代で攻撃的な選手を投入し、また息を吹き返す。
両チームとも暑さで運動量が落ちているがここぞという場面でのスピードは相当なもの、野洲の坂本が中央エリアから一人でドリブル突破すれば、滋賀FC前川がフィジカルで野洲を押しのけ前線へ。
見所は随所にあった。
そんな中、滋賀FC陣内に攻めあがった野洲を西アが後ろから倒し警告。 西アは前半にも警告を受けておりイエローカード累積2枚で退場となった。
このジャッジには非常に不満をもっている。 前半に受けた警告は、野洲Pエリアにドリブル突破した西アが腕をかけられ倒れるも、審判はシミュレーションとして西アに警告を与える。本来PKを貰うはずがイエローカードというあまりにも理不尽な判定を受けていたところ。
(詳細は「素人おじさんのサッカー観戦記」をご覧ください。 疑惑のシーンの動画があります)
この不可解な1枚目のイエローと合わせての退場。
前半の野洲高松永の退場とともにこの主審のジャッジには不満ばかり募る。

会場の雰囲気は一気に悪くなったが試合は続く。
20分を過ぎると、野洲の運動量の落ち方が顕著になる。 さすがに2日連続、それも90分の試合をするというのは過酷極まりない。
こんな日程を組んだ滋賀県サッカー協会にも苦言を呈したい。

足をつる選手も出てきた野洲高校に対し、滋賀FCはポゼッションをさらに高める。
40分に怒涛の攻めから得たコーナーキック。 前川の蹴ったボールはファーサイドの門岩を経由して中央に待つ谷口へ。
谷口がヘディングをきれいに決めて勝負アリの4点目。セットプレーでの連携のよさが際立った。
試合は4-1で滋賀FCが勝利。3回戦(準決勝)へ駒を進めた。

野洲高校というすばらしいチームとの試合が内容のあるすばらしいものになったことはサッカーファンとしてとてもうれしく、見ごたえもあったものの、
2選手の退場という後味の悪さも残る結果となった。


■梅辻・岩田・途中出場の奥村が果敢に攻め上がる


■コーナーキックから谷口がダメ押し弾

滋賀FCはお盆をはさんで24日に準決勝「MIOびわこ草津」戦を迎えます。
「滋賀FC」と「MIO」は永遠のライバル関係にあるクラブチーム。
FAカップ(天皇杯予選)でしか戦う機会がないが、毎年激しいぶつかり合いを繰り広げ、盛り上がりも相当なものです。
(滋賀FCは勝手ながらこのカードを「故国クラシコ」と呼んでいます)
滋賀FCはベストメンバーを組めないもの、ライバルには絶対に負けるわけにはいきません。
故国クラシコがすばらしいゲームになるよう、滋賀FC首脳陣には厳しい判断が必要とされますがぜひともがんばって結果を出してほしいと願います。
また、サポーターも湖国クラシコに向けてさまざまな告知活動を行ってまいりますので、ご理解・ご協力お願いします。


■MIOの中尾監督代行ほかアラン選手など多くの関係者が偵察に
  勝負はすでに始まっている!


  BLUE × GREEN  勝つのは俺たちブルースだ!!
posted by Many at 21:19| 滋賀 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 滋賀FC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

天皇杯滋賀県予選 1回戦終了

天皇杯滋賀県予選は1回戦が終了

第一試合
 『守山侍2000 0-3 野洲高校』
  序盤に試合の主導権を握った野洲高がテクニックで先制。
  後半は守山侍がパワープレーで野洲陣内に攻め込むも、
  野洲高意地のディフェンスで凌ぎ、逆にカウンターでダメ押し。
  若さとテクニックを持つ野洲がフィジカルで優位な守山侍2000をねじ伏せた。

sfc080629-sfc080629-03.jpg

第二試合
 『ルネス学園甲賀 2(0EX2)4 BSC HIRA』
  動きの鈍いHIRAの裏をつきルネス学園がたてつづけに攻め込む。
  前半8分、17分(時間は推定)に右サイドから技ありのループシュートでルネスが2点リード。
  その後、カウンターからHIRAが1点返すも試合は終始ルネスが支配する。
  このまま勝負が決するかと思われたロスタイムにHIRAが奇跡の同点段。
  延長に入ると、動きの止まったルネスの隙をHIRAがすかさず攻め、
  延長前半に2得点。
  チャンスを見逃さなかったHIRAが逆転で2回戦進出。

sfc080629-sfc080629-02.jpg


これにより、明日の2回戦(準々決勝)の対戦カードは以下のとおりとなります。
(会場はいずれもビッグレイクBコート)

 天皇杯滋賀県予選 2回戦(準々決勝)
 ・第一試合
   『滋賀FC vs 野洲高校』 15:00キックオフ
 ・第二試合
   『琵琶湖成蹊スポーツ大学 vs BSC HIRA』  17:30キックオフ



暑い中での試合ですが、すばらしい90分間が見られます。
ぜひとも会場へお越しいただいて、生でご覧ください。

※熱中症の恐れがありますので水分補給、帽子着用など、暑さ対策の上お越しください。
posted by Many at 21:16| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀FC−ホームタウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇杯滋賀県予選 準々決勝

天皇杯滋賀県予選 1回戦

  『野洲高校 3-0 守山侍2000』

1回戦第一試合は 高校代表野洲高校が社会人代表の守山侍2000を圧倒。
快勝で2回戦進出を決めた。

2回戦(準々決勝)の対戦は 滋賀FC vs 野洲高校 となる。
滋賀FCにとっては公式戦で初の野洲高校との対戦。
人気実力ともに日本トップクラスのチーム相手にどこまで自分たちのサッカーを貫けるかが勝負の鍵となる。



1回戦、立ち上がりから素早いパス回しでボールを支配したのは野洲高校。
インターハイの疲れも見せず、トップ地チーム(Aチーム)で望んだ野洲は、注目の潮入、坂本のコンビネーションが冴える。
深いラインで小刻みなパスをつなぎ、チャンスとみるや前線に一気に攻め上がる。
さらに野洲高校の隠れた才能を図るに十分なプレーが続出。
パスは小刻みなものから、一気にサイドチェンジをしかけるなど、足元の技術だけでなく、流れるプレーの中でも広い視野を持っていることを示している。
また、パス重視のチームにあって、サイドハーフの松永のオーバーラップが光る。
緩急つけたボール回しとピッチを広く使う戦術は相手に大きな負担をかけるため消耗戦となっても弱点が露呈しにくい。

対する守山侍は、社会人リーグトップクラスの実力派。
細かくつなぐ野洲高に対し、チャンスをみてロングフィードを多用することで事態の打開をはかる。
前半は好対照な試合展開ながらも締まった内容で見所十分。
ただ、やはりつなぐサッカーが完成している野洲が一歩も二歩も上手だた。
上田のGKの死角を突くシュートで先制すると、続けて松永が距離のある位置からロングシュート。
2得点をあげる。その後30分に坂本が鋭く攻め上がりシュートするも惜しくもゴールネットを揺らすことは出来ず。前半2-0で折り返し。

後半は、お互いスタミナを気にしたスローペースな試合展開。前半とは打って変わってゆっくりと試合が進む。
この大会、野洲高校が試合していることもあるのだろうが、前後半それぞれで20分過ぎに給水タイムが設けられている。
この給水タイムが試合を分断させ、ムードをいっぺんさせてしまうことに注意しなければならない。(25分×4本というようなイメージ)
実際、後半はこの給水タイムを機に一気に展開がかわり、守山侍がパワープレーに出る。
サイドを掌握し、何度もセンタリングを上げゴールチャンスを演出する。
しかし野洲の意地のディフェンスと、GK横江の目を見張る俊敏な反応で守山侍のシュートをすべて跳ね返す。
この試合、両チームゴールキーパーの働きが大きく、守山侍はコーチン具の上手い木屋尾も野洲の素早いシュートを何度もセーブした。

後半30分以降続く守山侍のパワープレーも実を結ばず、代わりにカウンターから野洲の梅村が試合を決める3点目。
ロスタイムは野洲が流してタイムアップ。
後半に関してはスコアほどのレベル差はなかったものの、試合運びの上手い野洲が勝負を制した。

これで、明日の対決が「滋賀FC vs 野洲高校」という夢のカードとなった。
野洲は今日の試合、後半に疲れが見え運動量が落ちたが、高校生の調整能力は想像を絶するものがあるので、明日の試合も今日とほぼ同じベストメンバーで臨むものと思われる。

相手にボールを持たせない野洲のプレーが花開いたとき、滋賀FCがどこまでポゼッションを高められるかが問題。
特に滋賀FC「橋爪」と野洲高「松永」のマッチアップは最大の注目となる。



見て損はしない好ゲームを、ぜひあなたの目にも焼き付けてください。

 天皇杯滋賀県予選 準々決勝
  『滋賀FC vs 野洲高校』
   8月10日(日) 15:00キックオフ ビッグレイクBコート




sfc080809-DSC00368.jpg

『野洲・山本イズム vs 滋賀・衛藤魂』のぶつかり合いをお見逃しなく!
posted by Many at 12:59| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

滋賀蹴球夏宴 開宴

2008-FACUP2.gif
posted by Many at 20:24| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。